全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

路線バス国内客も乗り放題 十勝2社がパス

日本人観光客向けにも販売を拡大する「VISIT TOKACHI PASS」

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向けにも販売する。

 「VISIT TOKACHI PASS」は道の乗合バス活性化モデル事業として昨年11月から販売。事業は現在も続けられており、外国人向けのパスは引き続き販売を継続する。

 パスは1日券(6枚つづり)と2日券(12枚つづり)があり、降車の際にチケットを1枚ちぎって利用する。対象は両社が運行する管内路線で、都市間高速バスは除く。

 使い切った場合でも台紙の提示で期間内は何度でも乗車が可能。開始4カ月(昨年11月~今年2月末)の道のまとめによると、1日券151冊、2日券25冊が売れ、冬イベント時を中心に利用があった。

 販売対象の拡大は胆振東部地震の影響による観光の落ち込みと直接関係はないが、日本人向けにも発売することで十勝の魅力と路線バス利用を広くPRしていく狙い。

 値段は1日券が1500円、2日券が2500円。日本人が利用する場合、十勝管内在住者は販売対象外となる。

 十勝バスの長沢敏彦執行役員事業本部長は「震災の影響もあるので、十勝に人を呼び込みたい」と意欲。北海道拓殖バスの小森明仁業務部長は「路線バスで観光をする機会はなかなかない。のんびりと観光してもらうきっかけになれば」と期待している。

関連記事

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク