全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口県動物愛護センターが出前授業

子犬を抱いて優しくなでる園児(学びの森くすのきで)

 山口県動物愛護センター(白銀政利所長、山口市陶)主催の「動物ふれあい教室」が6日、宇部市の学びの森くすのきで開かれた。地元の幼・保育園児が、犬やモルモットなどと楽しく触れ合い、生き物のぬくもりを肌で感じた。

 同センターが幼稚園や小学校を訪れて行っている出前教室で、同所での開催は2回目。船木幼稚園(岡崎善麿園長)と船木保育園(辻田篤信園長)の年中・年長児51人が参加し、正しい触れ合い方や犬と猫の感情表現などを学んだ後、実際に動物との時間を楽しんだ。ふれあい教室には、モルモット2匹と、生後4カ月の子犬「シロ」や成犬の「ナナ」、猫の「トラ」が来場。子どもたちは、スタッフにそれぞれの性格や接するこつを教わりながら、膝の上で抱っこして優しくなでた。

 同センターの浅沼康之指導課主任は「動物にも命や感情があることを知って、仲良くしてもらいたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク