全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

町派遣の元日ハム選手 池田さん足寄高野球指導

「スポーツを通じて町に貢献したい」と話す池田さん(2月23日、足寄中での球団講演会で)

 4月にプロ野球・北海道日本ハムファイターズから町職員として足寄に派遣される池田剛基さん(33)。所管する町教委では、足寄高校野球部の外部コーチを中心に、少年野球の指導や健康づくりなど幅広く学校・社会教育に関わってもらう考えだ。任期は最大5年間としている。

 同球団と町とのパートナー協定に基づく事業。4日、札幌の同球団事務所で発表された。

 池田さんは2003年、道産子初のドラフト指名を受けて入団。元内野手。引退後の06年から、アカデミーコーチとして道内各地で少年団などを指導してきた。足寄へは任期付き職員として4月1日付の採用(主査)となり、配属は町教委の生涯学習室。

 町教委によると、池田さんは足寄高野球部の外部コーチに就くほか、足寄中、足寄スラッガーズへの指導、スポーツ少年団全般への体力づくり、学校授業、高齢者学級との交流、町民の健康づくりも担う。また6月22日から3日間行われる開町110年記念イベントのスポーツコミュニティー事業にも関わっていく。

 藤代和昭教育長は「キャリアとスキルを生かして足寄の町を元気にしてほしい。町外からの派遣要請にもできる限り応えたい」と話す。雇用は1年更新で、最大5年間としている。

 池田さんは足寄でも野球指導の経験があり、2月23日には足寄中で行われた同球団元投手立石尚行さんの講演会にも同行。この際には既に足寄派遣が決まっており「足寄の方々とスポーツを通じて触れ合いたい。持てる力を発揮し、町の振興に貢献できれば」と抱負を語っていた。

関連記事

紀伊民報社

避難所でもコロナ感染防止策を

 和歌山県は、災害時の避難所の在り方について、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた対応の流れ「避難所運営チャート」を示した。避難者ごとの間隔を確保したり、感染者が出れば適切に隔離したりする内容...

荘内日報社

庄内スマートテロワール活動推進― 庄農高生、ラーメン・パン店オーナーら収穫..

 庄内産の小麦が3日、鶴岡市羽黒地域の麦畑で刈り取られた。地産地消を目指す「庄内スマートテロワール」の活動を進める山形大農学部の呼び掛けに応じるように庄内農業高の教師・生徒、酒田のラーメン店、鶴岡の...

宇部日報社

常盤公園にハートの形の切り口のヤマザクラ

 宇部市の常盤公園「あじさい苑」に、ハート形の枝の切り口が潜んでいる。見つけた来場者からは「恋がかなうかも」「幸せになれるかも」と評判になっている。    約160センチの高さにあり、切り口は縦...

水素充填車 公開 動物園にも配達 鹿追実証事業

 鹿追町を拠点に行われている水素普及に向けた実証事業で、今年度導入する「簡易型水素充填(じゅうてん)車」が3日、町環境保全センターで公開された。9月から運用開始し、燃料電池(FC)フォークリフトや...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク