全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ブランド化や加工品開発 県「おいしい魚加工支援ラボ」完成

 県産魚介類のブランド化や付加価値向上、加工品開発をサポートする「おいしい魚加工支援ラボ」が鶴岡市加茂の県水産試験場敷地内に完成し21日、オープニングセレモニーが行われた。

 県内の水産分野で初のオープンラボ。鮮度保持の技術開発やうま味成分のデータ化などによる高付加価値の研究機能を担うとともに、漁業者グループの加工品開発や水産・教育に携わる研修、また児童生徒への魚食普及や漁業者担い手の育成研修などに活用する。鉄骨2階建て、延べ床面積260平方メートル。1階に調理・試作室と分析室、2階に加茂港や庄内浜を一望する研修室を設けた。調理・試作室にはスチームコンベクションオーブン、真空包装機、急速冷凍装置、低温乾燥庫、ハイグレードフリーザーなど多様な器材がそろっている。事業費は1億6800万円。

 オープニングセレモニーには吉村美栄子知事、本間昭志県漁協代表理事組合長ら県や漁業水産関係者、地元自治会代表ら約50人が参列。念珠関辨天太鼓創成会が威勢良い演奏を披露した後、吉村知事や本間組合長、同創成会の子どもたちがテープカットし、完成を祝った。

 吉村知事は「ラボを大いに活用してもらい、さらにおいしい加工品が試作商品化されることを期待する。庄内浜の魚種の特徴に合わせた戦略的ブランド化を進めるため、オール山形で一層の消費拡大を図りたい」とあいさつした。その後、参列者が県水産試験場職員の案内で施設内を見学。調理・試作室では、ゆらまちっく海鮮レディースのメンバーが開発した水産加工品「小鯛だし」や小鯛だし入り「八乙女うどん」、「干しだこ」などを披露し、吉村知事らが試食した。

県内水産分野で初のオープンラボ「おいしい魚加工支援ラボ」が開設

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク