全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

写真家山下さん、バレエ「ティアラの会」に帯広市民劇場賞

各賞の受賞者(左から)佐々木さん、嶺野さん、前塚さん、山下さん、佐藤さん

 帯広市民劇場運営委員会(金子章委員長)は22日、今年度の市民劇場賞受賞者を発表した。市民劇場賞は写真の山下僚さん(69)と洋舞の市民バレエ「ティアラの会」(前塚典子会長)。功労賞は郷土史の嶺野侑さん(86)、奨励賞はピアノの佐々木千里さん(54)、尺八の萩原朔山さん(52)、新人賞は油絵の佐藤真康さん(50)が選ばれた。

 山下さんは道内の炭鉱の落盤事故から閉山に向かうまでを記録として写真にとどめ、多数の写真専門誌で紹介を受けたほか、道内外で写真展を開催している。

 2003年に発足した「ティアラの会」は、十勝管内の15のバレエ教室が集結。市民ダンサーとオーケストラが一つの演目を創り上げる公演を、行政と財団、文化団体が主催する珍しい事業を成功に導いてきた。

 嶺野さんは郷土史家として、帯広の開拓の歴史、十勝監獄が街の形成に果たした役割に焦点を当て研究。講演などを通して長年にわたり市民の関心を引きつけたほか、文筆活動も精力的にこなしている。

 2000年にフランスの国際交流コンサートで高い評価を得た佐々木さんは、ソロをはじめデュオや室内楽の演奏活動を幅広く展開。帯広市内の複数の演奏会でもステージに立つ。

 萩原さんは13年に都山流尺八楽会大師範に昇格。各種演奏会で邦楽の普及に励むほか、尺八グループ「む・じーな」、「Circle52」を結成し、各地の病院や障害者・介護施設への訪問演奏を行っている。

 今年の第73回全道展で、管内初の第3席「八木賞」を受賞した佐藤さんは、武蔵野美術大を卒業後、同大の研究室で働きながら創作活動を続けてきた。08年に帰帯後は積極的にコンクールへ出品している。

 同日に帯広市民文化ホールで開かれた記者発表には、萩原さんを除く5人が出席。金子委員長が受賞者一人ひとりの名前を読み上げ、祝福した。

 山下さんは「これまでやってきたことはドキュメンタリーで、人間の生きざまを写真で表現しようとしたことが原点。受賞を機に、これからますます作業に励みたい」と喜びを語った。

 「ティアラの会」の前塚会長は「われわれの取り組みに対し栄えある受賞を賜ったことに一同深く感謝している。これからさらに研さんを重ね、地域文化の育成、向上に寄与したい」と述べた。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク