全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部工高の生徒がたたら製鉄の復元操業

たたら製鉄の復元操業に励む生徒たち(多目的ドーム前で)

 山口県宇部市宇部工高(中村圭治校長)の2年生有志41人が20、21の両日、山口ゆめ花博会場で開かれた第28回全国産業教育フェア山口大会で、奈良時代から伝わるたたら製鉄の復元操業を披露した。築炉から始まり、夜通しでの作業となったが、生徒たちは先人の知恵や苦労を学んだ。たたら製鉄は粘土で作った炉に砂鉄と木炭を交互に入れ、日本刀などの材料となる玉鋼を作る製鉄法。炉に風を送りながら3昼夜も続けたと伝わっている。同校では5年前から文化祭で取り組んでおり、校外での作業は初めて。20日の昼から築炉に取り掛かり、午後10時ごろに木炭を投入。日が変わって午前1時ごろからの操業は午後0時半まで約11時間半も続き、生徒たちは多目的ドームで仮眠を取りながら、1班4時間の4交代制で古来製鉄の復元に努めた。

 生徒自らが灰作りと炭割りから築炉、操業、炉の解体、玉鋼のもととなる鉧(けら)出しまで体験。指導には、島根県奥出雲町で現在もたたら製鉄を続ける同校卒業生の木原明さんを招き、昨年経験した3年生8人も指導係として後輩を支えた。たたら製鉄の復元操業を担当している伊藤一先生は「高校生によるたたら製鉄の操業は全国の高校でも本校だけ。ものづくりの精神と匠(たくみ)の技を学ぶ絶好の機会。操業を通して就職の幅も広がっている」と話した。同フェアは専門高校などの生徒による学習成果発表の祭典。山口大会は「さんフェアやまぐち」と題して多目的ドームで開催し、県内校を中心に作品展示や体験、介護技術や調理のコンテスト、ロボット競技大会などが行われた。  

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク