全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大学出版本に写真提供

『沖縄の河川と湿地の底生動物』(東海大学出版部発行)に画像資料を提供した崎枝小中学校の生徒ら=1日午後、石垣市教育委員会事務局2階

 名蔵川の生物などについて共同研究した崎枝小中学校(今伊敏郎校長)の生徒8人と石垣第二中学校(東迎和芳校長)の生徒2人が資料画像を提供した『沖縄の河川と湿地の底生動物』(鳥居高明、谷田一三、山室真澄著)=東海大学出版部発行=が、県内の中学校全校に配布され、全国書店で販売されている。  同本は沖縄の河川と湿地の底生動物についてまとめた本。生徒らの共同自由研究「石垣島名蔵川水系の水質とそこに生息する生物調査since2014~水質の化学的調査および生物調査による河川環境の変化を追跡調査~」で撮影した、ミナミタニガワカゲロウやヤエヤマシマトビケラなど八重山の固有種の写真が提供資料として使われ、謝辞には生徒らの名前も記載されている。  同研究の協力者でもある大阪市立自然史博物館の谷田一三館長らが生徒らに画像の提供を依頼し、発刊につながった。  メンバーの野里実優さん(崎枝中2年)は「これまでやってきた研究が本になった事で、全国の人々へ八重山の固有種を知ってもらえたり、自然について深く考えるきっかけにしてもらえたらうれしい」と笑顔で話した。  担当の内原徹教諭は「来年は新種を発見したい」と意気込みを語った。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク