全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伊那新そばまつり 21日までみはらしファーム

そば打ち名人の指導でそば打ち体験を楽しむ参加者

 “信州そば発祥の地 伊那”を全国にPRする「第7回信州伊那新そばまつり」(実行委員会主催)が20、21の両日、伊那市西箕輪のはびろ農業公園みはらしファーム特設会場で開かれている。多くのイベントが繰り広げられ、初日は県内外から訪れた大勢の人たちが、標高800メートル以上の高地で栽培された新そばを味わい、楽しんだ。

 初日の素人そば打ち体験では、5組の参加者が信州伊那そば打ち名人の会会員の指導でそば打ちに挑戦した。そば包丁を使って細く切る「切り」の作業では「包丁を寝かせて真っすぐ、リズミカルに」との助言を受け、丁寧に包丁を下す参加者の姿もあった。後藤幸子さん(54)=東京都=は「初めてそば打ちを体験した。テレビで見ていたのと違って難しかった」と話した。

 2日目もせいろそば、かけそば、行者そばの食べ比べやソバリエ(利きそば)コンテスト、アマチュアそば打ち世界大会歴代チャンピオンのそば打ち披露などが行われる。井踏岩夫実行委員長(62)は「新そばの風味を味わうとともに、体験に参加して、みはらしの秋を楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

関連記事

長野日報社

八ケ岳の新そば堪能 茅野でまつり

 茅野市の第8回信州八ケ岳新そばまつり(祭典委員会主催)が10日、JR茅野駅周辺の西口弥生通りと東口イベントスペース、宮川かんてんぐら前広場で開かれた。地元のそば店やそば打ち愛好団体、そば生産...

田原で「全国丼サミット」開幕

 各地のご当地丼料理を味わえる食のイベント「全国丼サミットinたはら2018」(実行委員会主催)が10日、2日間の日程で田原市野田町の芦ヶ池農業公園「サンテパルクたはら」で開幕した。東海3県で初開催...

「十勝晴れ」純米大吟醸10日発売

 産学官の「とかち酒文化再現プロジェクト」(事務局・帯広信用金庫)で醸造に取り組む地酒「十勝晴れ」に「純米大吟醸」が初めて加わり、10日から管内の小売店など約100店で販売される。  純米大吟...

「おでんしゃ」登場9日から運行

 熱々のおでんやお酒を車内で味わえる「おでんしゃ」の運行が9日、豊橋市の市内線で始まる。今年も来年2月下旬まで期間限定で走る。  豊橋鉄道(豊橋市)が運行している市内電車(市電)に登場し、夏に好...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク