全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

来年10月に運賃値上げ JR北海道が経営改善策

JR北海道の収支見通しなどが示された6者協議

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10月に運賃の値上げを行う考えを明らかにした。また、来年度から5年間の収支見通しを示した。

 経営改善の取り組みでは増収施策と資産売約・コスト削減について、5年間で効果が表れる取り組みとして、快速エアポートの輸送力強化や観光列車の運行、利用の少ない駅の廃止や無人化などを掲げた。運賃改定は消費税増税に合わせて実施し、具体的な金額は今後検討するが、40億円の増収となるよう値上げを行う。

 5年間の収支見通しは国からの支援を毎年200億円と想定したが、地域の負担は協議中のため含まない形で試算を行った。根室線(新得-富良野間)など輸送密度200人未満の5路線は、「地域との合意形成の上で進める」(島田社長)との前提のもと、バス転換費用や鉄道施設の撤去費用300億円を5年間で均等に配分した。

 JR単体での当期純利益は今年度が202億円の赤字のところ、2023年度には赤字額が90億円に縮小。グループ会社利益を含めた親会社株主帰属当期純利益は今年度169億円の赤字のところ、23年度には43億円の赤字になるとした。

 輸送密度200人以上2000人未満の8路線の営業損益は今年度124億円の赤字で、23年度は128億円の赤字となり、国や地域への負担を改めて求めた。

 国土交通省の蒲生篤実鉄道局長は地方財政措置について、「スキーム、支援規模を総務省と調整している」と述べるにとどめた。高橋はるみ知事は「われわれの負担できる規模に」と求め、JRに対しては「5年間に限られ、全体としての収支見通しが明らかになっていないのは残念。具体的な踏み込みが不十分」と指摘した。

関連記事

長野日報社

ツリーハウスをクラウドファンディングで 飯島中1年1組が挑戦

 長野県の飯島町飯島中学校1年1組の27人が、インターネットで幅広く支援を募る「クラウドファンディング(CF)」を活用して、町図書館の隣接地に幼い子どもたちが集うツリーハウスを建設しようと取り...

新城市役所に「しんしろギャラリーカフェ」

市の名前由来になった「城」の模型展示  新城市役所本庁舎1階に21日、市の名前の由来になったとされる「新城城(しんしろじょう)」の復元模型の展示と関連する和菓子の販売をする「しんしろギャラリーカフェ...

荘内日報社

鶴岡市加茂地区で戦後から親しまれた 「うさぎやのコロッケ」復活へ

 鶴岡市加茂地区で戦後から60年ほどの間親しまれた「うさぎやのコロッケ」を地域の特産として復活させようと、地元住民らが活動している。20日、加茂コミュニティセンターで試作・試食会があり、素朴なジャガイ...

宇部日報社

レノファ山口が新体制を発表

 サッカーJ2レノファ山口FCの新体制発表会が20日、宇部市の記念会館で開かれた。2019シーズンのスローガン「ORANGE SOUL―山口を魂で染め上げろ」が発表されたほか、新加入選手10人があ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク