全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

酒造場内のおはらいなどもした「醸造始め祭」

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕込み作業を始め、初年度となる今季は純米酒5種類を製造する。最初の酒は12月上旬に出来上がる予定だ。

 杜氏を務める竹内重彦酒造部長(46)によると、今季の仕込み量は一升瓶換算で約1万本分。契約栽培した諏訪産の美山錦や福島産の五百万石などの酒米を使い、日常的に飲める手頃な価格の酒から高級酒の大吟醸までを造る。

 酒造場は菱友醸造の土地建物を取得。醸造タンクは温度管理ができる新型に更新し、酒造りの初期工程で使う麹室も一部を新しくした。今季の酒造りが終わる来年春からは酒造場を全面改装し、来季以降の本格的な酒造りに備えていくという。

 醸造始め祭では諏訪大社神職が神事を行い、酒造場内の各施設をおはらいした。竹内部長は「これまでの御湖鶴を超えるような酒を醸し、以前からのファンにも納得してもらえる高い酒質を目指したい」、村田裕之社長(58)は「ショップの併設や酒蔵見学ができる仕組みなども考え、地元の活性化につながる酒蔵運営をしていきたい」と話している。

関連記事

長野日報社

ぽかぽかハウスでイチゴ狩り 諏訪湖いちご園

 諏訪市豊田のイチゴ狩り施設「諏訪湖いちご園」の今季営業が始まった。好天に恵まれた3日は地元や県外などからの客でにぎわい、暖かいビニールハウスで甘いイチゴを頬張った。  5棟のハウス内で養液...

紀伊民報社

高校生と共同開発 ご当地バーガー販売へ

 和歌山県田辺市龍神村福井にある道の駅「水の郷日高川龍游」(指定管理者・こすげパーク振興会)内にあるレストラン「つぐみ食堂」は、南部高校龍神分校生と共同で開発していた「龍神とうふバーガー」を1月...

上士幌に待望のそば店 移住の平野さん「五武庵」

 そば店が一軒もなかった上士幌町内で25日、そば居酒屋「五武庵」がオープンし、初日から地元客らでにぎわった。自治体が使途を明確にして寄付を募る「ガバメントクラウドファンディング」(GCF)で集ま...

紀伊民報社

備長炭入り真っ黒いケーキ

 和歌山県田辺市秋津川の道の駅「紀州備長炭記念公園」のレストランで、備長炭の粉末を生地に練り込んだ真っ黒いバターケーキが登場した。見た目のインパクト、控えめな甘さと添えられた梅ジャムとの相性の良...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク