全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

全長272㍍「羽黒山橋」つながる

 2020年度の羽黒山バイパス(約3・2㌔)供用開始を目指し建設が進められている鶴岡市羽黒町手向の主要地方道鶴岡羽黒線「羽黒山橋」(仮称)の橋桁締結式が17日、現地で行われ、全長272㍍の橋がつながった。

 祓川をまたぐ羽黒山橋は耐候性鋼材を採用した国内有数の連続曲弦トラス橋。川面からの高さは65㍍。アーチ型の橋脚間が142㍍あり、県管理の橋の中で2番目の長さ。本年度に上部工架設工事を終え、来春から床版工事に入る。橋建設の事業費は約30億円。

橋桁がつながった羽黒山橋。来春から床版工事が行われる

 鶴岡側橋桁上で行われた締結式には、発注者の県と工事関係者、地元住民ら約90人が参列。出羽三山神社による神事が行われた後、吉村美栄子知事や皆川治鶴岡市長、地元小中高生代表の片倉逸冴(いっさ)君(12)=羽黒小6年、木村駿さん(15)=羽黒中3年、齋藤拓斗さん(18)=羽黒高機械システム科3年、岡部真都さん(17)=鶴岡工業高建築科3年=の4人と工事関係者ら20人がそれぞれ機械で最後のボルトを締め、締結を祝った。発注者を代表し吉村知事は「地域の生活を支えるとともに、月山、羽黒山に続く重要な観光道路として地域活性化へなくてはならない道路。工事の安全と一日も早い完成を願う」とあいさつした。

吉村知事(左)と片倉君(中央)、木村さんの3人で橋建設にこれまでに使われた約8万3000本の最後のボルトを締めた

 鶴岡羽黒線の手向地区は、道路幅が狭く急勾配のカーブ続きで、特に冬期間はスリップなどによる渋滞や事故が多発する。そのため1990年度から道路改良事業がスタートし、山岳部南側に迂回(うかい)路となるバイパス建設が進められている。2005年度までに起点側約1・55㌔と終点側約200㍍を供用。羽黒山橋を含む残り約1・47㌔の建設を進め、20年度の全線供用開始まで30年の工期を見込む。総事業費は約70億円。

関連記事

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

限定の特大シジミ 大樹・生花苗沼で一日だけの漁

 大樹町内の生花苗沼(オイカマナイトー)で17日、1年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は、殻長が5センチ以上になる特大サイズのシジミを、泥の中から懸命に手で掘り出していた。  大樹...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク