全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

くじ入りミカンいかが 小学校3年生が企画

「くじ入りミカン」の手作りラベルやくじを手にする上秋津小学校3年生

 和歌山県田辺市上秋津の上秋津小学校3年生33人は「ミカンがもっと売れるように」と、くじ付き袋入りミカンを考えた。当たりくじが出ると別にミカンが1袋プレゼントされる企画。提案を受けた同市秋津町の農産物直売所「紀菜柑」が採用し、11日に400袋限定で販売する。  社会科の学習で、地域の人と共に子どもたちを育てる「共育コミュニティ」として同校が取り組んだ。ミカンの生産と販売の工夫を学習。農家や紀菜柑の田村真次店長(52)に聞き取りをし、自分たちもミカンをたくさん買ってもらう工夫などを考えた。  その中から出されたくじを入れる提案を田村店長が採用。8~11日にある紀菜柑のオープン11周年記念感謝祭の目玉イベントとして「くじ入りミカン」を販売することになった。  ミカンは上秋津産。数量と価格はさまざまで、子どもたちの手作りラベルが目印。児童はラベルやくじ、紀菜柑に張り出されるくじ入りミカンのポスターを画用紙6枚に描いた。  児童たちはグループごとに6枚のポスターを制作。それぞれ「紀菜柑のマスコットを描いた」「分かりやすい色を使った」など見てほしいところを発表した。最後に一番良かったと思うポスターを投票で決め、一番目立つ場所に張ってもらうことにした。  高垣咲希さん(9)は「ポスターで見てほしいのは、背景をカラフルに5色で塗ったところ」、西美夢さん(9)は「この授業でミカン農家の人にいろいろな育てる工夫があると教わった。くじ入りミカンを多くの人に買ってもらいたい」と呼び掛けた。

関連記事

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

宇部日報社

市内高校で卒業式、宇部中央で129人が巣立つ 最初で最後の校歌斉唱【宇部】

 宇部市と山陽小野田市の公・私立高校11校で1日、卒業式が行われた。会場には恩師や保護者からの「おめでとう」があふれ、生徒たちは希望を胸に晴れやかな表情で学びやを巣立った。  宇部中央(河村...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク