全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

くじ入りミカンいかが 小学校3年生が企画

「くじ入りミカン」の手作りラベルやくじを手にする上秋津小学校3年生

 和歌山県田辺市上秋津の上秋津小学校3年生33人は「ミカンがもっと売れるように」と、くじ付き袋入りミカンを考えた。当たりくじが出ると別にミカンが1袋プレゼントされる企画。提案を受けた同市秋津町の農産物直売所「紀菜柑」が採用し、11日に400袋限定で販売する。  社会科の学習で、地域の人と共に子どもたちを育てる「共育コミュニティ」として同校が取り組んだ。ミカンの生産と販売の工夫を学習。農家や紀菜柑の田村真次店長(52)に聞き取りをし、自分たちもミカンをたくさん買ってもらう工夫などを考えた。  その中から出されたくじを入れる提案を田村店長が採用。8~11日にある紀菜柑のオープン11周年記念感謝祭の目玉イベントとして「くじ入りミカン」を販売することになった。  ミカンは上秋津産。数量と価格はさまざまで、子どもたちの手作りラベルが目印。児童はラベルやくじ、紀菜柑に張り出されるくじ入りミカンのポスターを画用紙6枚に描いた。  児童たちはグループごとに6枚のポスターを制作。それぞれ「紀菜柑のマスコットを描いた」「分かりやすい色を使った」など見てほしいところを発表した。最後に一番良かったと思うポスターを投票で決め、一番目立つ場所に張ってもらうことにした。  高垣咲希さん(9)は「ポスターで見てほしいのは、背景をカラフルに5色で塗ったところ」、西美夢さん(9)は「この授業でミカン農家の人にいろいろな育てる工夫があると教わった。くじ入りミカンを多くの人に買ってもらいたい」と呼び掛けた。

関連記事

サトウキビを収穫 収益は児童の活動費に 大原小学校

 【西表】大原小学校(宮良貞光校長)はこのほど、児童、教職員、家族、地域の人々が参加して同校のサトウキビ畑で収穫作業を行い、約265㌧を収穫した。子どもたちは雨の中、雨具姿で頑張った。  1~...

長野日報社

清流で寒晒そば仕込み 高遠そば組合

 伊那市の高遠そば組合は20日、江戸時代に高遠藩が将軍家に献上した寒晒そばの仕込み作業を同市長谷の粟沢川で行い、地元産の玄ソバを入れた網袋を清流に浸した。大寒から仕込み、立春の2月4日に揚げて...

寒さなんかに負けないぞ

仔羊幼稚園児が裸で元気いっぱい  1年で最も寒いという「大寒」の20日、豊橋市岩田町の仔羊幼稚園(上里龍生園長、園児150人)では、園児たちが寒さに負けず元気いっぱい、上半身裸で1日を過ご...

伝統野菜アッタドコネが人気 奄美市でティダの環市

 第19回奄美ティダの環市が19日、鹿児島県奄美市名瀬のティダ館前であり、新鮮野菜や総菜などが販売された。旬のアッタドコネ(有良ダイコン)目当てに多くの人が訪れ、130本用意した商品は開始10分...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク