全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ちょっと動いた 陸自の偵察警戒車と綱引き-千歳JCふるさとまつり

重さ15トンの偵察警戒車を引っ張る親子

 千歳青年会議所(渡部順大理事長、千歳JC)は13日、真々地の私有地で「千歳ふるさとまつり2018」を開いた。大勢の親子連れが集合。歌や踊りのステージをはじめ、子供たちと陸上自衛隊の偵察警戒車との綱引きなどのプログラムを繰り広げた。

 千歳の次代を担う子供たちに、楽しい思い出を―という初めての企画。10月例会として開催した。

 会場では、和太鼓「結楽」や千産千唱アイドルユニット「小娘」、「studio FIT」の音楽と踊りのステージ、「千歳みらい大志2018」による観光PRも行われた。

 「働く車大集合」コーナーには、パトカーや消防車、高圧洗浄車が勢ぞろい。ゴンドラが地上15メートルまで上昇する高所作業車は大人気。順番待ちの長い行列ができた。

 同まつりの目玉イベント、陸上自衛隊第7師団第11普通科連隊本部管理中隊が装備する87式偵察警戒車との綱引きには、幼児や小中学生ら60人が参加。偵察車に付けた40メートルの綱を懸命に引っ張った。

 総重量15トン。岩のように重い装甲車両だけに、3度目の挑戦には大人も加勢。100人がこん身の力で引っ張ると、偵察車はゆっくり10メートルほど移動。歓声が沸き起こった。

 偵察車との綱引き初挑戦の千歳小1年の瀧嶋咲友君(6)は「3回目でちょっとだけ動いた。楽しかった」と瞳を輝かせて話した。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク