全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

学生が幼児向けの消費税紙芝居制作

紙芝居を完成させた学生たち(宇部フロンティア大短大部で)

 山口県宇部市の宇部フロンティア大短大部保育学科の1年生9人が、税に関する紙芝居「フロンくんとティアちゃんのはじめてのおかいもの」を制作した。消費税の必要性が幼児にも伝わるように、色使いや質感を工夫。紙芝居は宇部間税会(吉本秀会長)に寄贈し、幼保育園での啓発活動に役立ててもらう。消費税に関する正しい知識の普及や完納運動を推進している間税会が、同学科の原井輝明准教授のゼミに制作を依頼。租税教育用のDVDアニメをベースとして、アレンジを加えて仕上げた。

 短大名から取ったフロンくんとティアちゃんが100円を持ってお菓子を買いに行ったところ、消費税分が足りず、買えずに帰ることになる。妖精に頼んで、消費税のない世の中にしてもらったら、ごみは回収されず町に散乱し、歩道橋は壊れっぱなしで、交番に駆け込んだら対応料金を要求される。税でつくられている町の良さを再認識し、元の世の中に戻してもらうという物語。四つ切り画用紙17枚を使用。「はらぺこあおむし」の作者エリック・カールのコラージュ手法を参考に、直接絵を描くのではなく、新聞紙や紙に絵の具を塗って色紙を手作りするところから始めた。それを切り貼りすることで、画面の質感を面白くした。

 同ゼミの小林憲明さんは「幼い子にも分かりやすいように、キャラクターの顔は単純で分かりやすいものにし、明るい色使いを心掛けた。多くの子どもたちに楽しみながら学んでほしい」と話した。間税会による紙芝居の初上演会は、12日に同大付属幼稚園で行われる。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク