全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

学生が幼児向けの消費税紙芝居制作

紙芝居を完成させた学生たち(宇部フロンティア大短大部で)

 山口県宇部市の宇部フロンティア大短大部保育学科の1年生9人が、税に関する紙芝居「フロンくんとティアちゃんのはじめてのおかいもの」を制作した。消費税の必要性が幼児にも伝わるように、色使いや質感を工夫。紙芝居は宇部間税会(吉本秀会長)に寄贈し、幼保育園での啓発活動に役立ててもらう。消費税に関する正しい知識の普及や完納運動を推進している間税会が、同学科の原井輝明准教授のゼミに制作を依頼。租税教育用のDVDアニメをベースとして、アレンジを加えて仕上げた。

 短大名から取ったフロンくんとティアちゃんが100円を持ってお菓子を買いに行ったところ、消費税分が足りず、買えずに帰ることになる。妖精に頼んで、消費税のない世の中にしてもらったら、ごみは回収されず町に散乱し、歩道橋は壊れっぱなしで、交番に駆け込んだら対応料金を要求される。税でつくられている町の良さを再認識し、元の世の中に戻してもらうという物語。四つ切り画用紙17枚を使用。「はらぺこあおむし」の作者エリック・カールのコラージュ手法を参考に、直接絵を描くのではなく、新聞紙や紙に絵の具を塗って色紙を手作りするところから始めた。それを切り貼りすることで、画面の質感を面白くした。

 同ゼミの小林憲明さんは「幼い子にも分かりやすいように、キャラクターの顔は単純で分かりやすいものにし、明るい色使いを心掛けた。多くの子どもたちに楽しみながら学んでほしい」と話した。間税会による紙芝居の初上演会は、12日に同大付属幼稚園で行われる。

関連記事

アプリ使い曲作りに挑戦

豊橋で小中学生  「目指せ!令和の古関裕而」と題した子ども向け作曲体験会が8日、豊橋市西幸町の豊橋サイエンスコアであった。NHK連続テレビ小説「エール」にちなんで市が企画。子どもたちは音楽...

荘内日報社

レジ袋削減へ「あずま袋」製作

 昨年度の日本政策金融公庫主催「高校生ビジネスプラン・グランプリ」で、上位100件のアイデアに贈られる「ベスト100」に選ばれた酒田市の酒田光陵高校ビジネス流通科3年の佐藤海月(みつき)さん(17)のプラン...

来訪準備は2週間前から コロナ禍「島旅のしおり」 奄美大島5市町村

 鹿児島県の奄美大島5市町村は7日までに、コロナ禍で奄美旅行を楽しむための「島旅のしおり」を作成し、各市町村ホームページ(HP)に掲載した。新型コロナウイルスの潜伏期間を考慮し、来島2週間前から...

宇部日報社

宇部大空襲の記憶伝える看板

 宇部大空襲(1945年4月26日~8月5日)から75年。焼夷(しょうい)弾による火の雨で焼け野原となった地元の悲惨さを後世に伝えようと東岐波の前田自治会(嶋村伸矢会長)は7日、前田集会所にある...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク