全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

稚児の成長願い肩車 本宮大社で湯登神事

湯登神事で父親らに肩車され、熊野本宮大社を出発する稚児ら(13日、田辺市本宮町で)

和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社(九鬼家隆宮司)は13日、この日開催の「八咫(やた)の火祭り」に合わせ、毎年春の例大祭で営んでいる「湯登(ゆのぼり)神事」を再び執り行った。大社創建2050年を祝う行事。神の依り代という稚児を父親らが肩車し、健やかな成長を願いながら歩いた。

 大社を出発した神職や楽人、稚児らが湯の峰温泉の頭屋で身を清め、湯峯王子社で祭典をした後、熊野古道「大日越」を通って帰社する神事。県の無形民俗文化財に指定されている。  本殿前で拝礼した1~5歳の男児10人は父親や祖父らに肩車され、午前9時半ごろ、列になって大社を出発。途中でバスに乗って移動し、湯の峰温泉で身を清めた。湯峯王子社では、楽人の演奏に合わせて稚児たちが左右に回る「八撥(やさばき)神事」をし、再び肩車をしてもらって険しい熊野古道を越えた。  田辺市下万呂の自営業、入江泰之さん(49)は、次男の五梛君(3)と参加。「本宮大社で子どもたちのお宮参りもしており、健康に育ってほしいと思って参加した」と話した。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク