全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

15の春へ 1699人挑む 公立高校で一般入試 十勝

問題用紙が配られ、試験に挑む受験生

 道内の公立高校で6日、2018年度の一般入試が行われた。十勝管内では全日制・定時制合わせて1699人が“15の春”を目指し、試験に臨んだ。

 管内の全日制19校、定時制1校は実募集数1823人に対し出願者数1857人で、倍率は1.0倍。帯広市内の普通科は帯広柏葉1.2倍、帯広三条1.4倍、帯広緑陽1.4倍となっている。

 帯広緑陽高(中坪俊博校長)では午前7時半ごろから受験生が訪れ、5教室に分かれて入室し、試験官から諸注意を聞いた。問題・解答用紙が配布されると、緊張した様子で受験番号などを記入し、午前9時20分の開始の合図と同時に問題に取り組んだ。

 同校では実募集数132人に対し、171人が受験した。

 学力検査は午後3時半まで、国語、数学、社会、理科、英語の順。十勝毎日新聞社の調べによると、全日制の欠席者は158人で、午後1時現在、開始時刻の遅れなどは報告されていない。合格発表は16日午前10時。

関連記事

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

紀伊民報社

ロケット発射を海から見よう 串本でカヤックツアーやクルージング

 和歌山県串本町田原で3月9日に発射が予定されている民間小型ロケットの見学場チケットが、販売から2日で完売するなどロケットへの関心が高まっている。そんな中、海から打ち上げを見学してもらおうと、町...

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク