全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「まちじゅう図書館マップ」 本と出合える60施設紹介

 いろんな本と出合える場所が身近にたくさん―。鶴岡市で読書を通じたまちづくりに取り組む市民団体「『読書のまち 鶴岡』をすすめる会」(黒羽根洋司代表)が、気軽に本に親しめる市内の施設を紹介した「まちじゅう図書館マップ」を作った。公共施設に加え飲食店など民間を含め計60施設を掲載した。15日(月)からは、掲載した施設を巡るスタンプラリーをスタートし、記念品をプレゼントする。

 同会は市民有志で2011年に発会し、読書を広める活動を展開している。どこでも誰もが本と出合える環境づくりの取り組みの一つとして、会の女性メンバー7人が3年がかりで80カ所ほどを訪ね歩き、掲載の了承を得た施設をマップに掲載した。

 市立図書館や地区の公民館、コミュニティセンター、児童館など公共施設のほか、図書を置いている喫茶店やレストラン、医院、旅館、私設文庫などを紹介している。各施設の場所を示す略地図、絵本や児童書、小説、専門書、漫画など閲覧できる図書のジャンル、開設時間、連絡先などの情報を掲載した。中には幼児や小学生向けに1500冊もの蔵書を備える私設文庫もある。

 スタンプラリーは、マップに6カ所の施設のスタンプを集めると、引換所の施設で同会メンバー手作りの記念品が受け取れるもの。マップは縦30センチ、横80センチの両面刷りで、四つ折りして使用する。「荘内銀行ふるさと創造基金」を活用して3000部発行し、掲載施設などに配置してある。

 黒羽根代表は「鶴岡は民間施設でも本を手に取れる場所が多くある。これは文化都市としての鶴岡の特長の一つだと思う。マップに掲載できなかったものの、たくさんの蔵書を備え、地域の人たちに貸し出している施設もあり、発行をきっかけに各施設の横のつながりも持てる機会もつくっていきたい」と話している。

 マップに関する問い合わせは同会事務局の五十嵐さん=電0235(23)3803=へ。

本と出合える60施設を紹介した「つるおか まちじゅう図書館マップ」

関連記事

消防士体験でヒーロー気分

豊橋市「ふるさと納税」返礼品の一つ  自治体を選んで寄付をするふるさと納税制度で豊橋市に寄付した人ができる消防士の仕事体験「ファイヤーヒーロー体験」が16日、市中消防署で行われ、浜松市内の親子1組...

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク