全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「まちじゅう図書館マップ」 本と出合える60施設紹介

 いろんな本と出合える場所が身近にたくさん―。鶴岡市で読書を通じたまちづくりに取り組む市民団体「『読書のまち 鶴岡』をすすめる会」(黒羽根洋司代表)が、気軽に本に親しめる市内の施設を紹介した「まちじゅう図書館マップ」を作った。公共施設に加え飲食店など民間を含め計60施設を掲載した。15日(月)からは、掲載した施設を巡るスタンプラリーをスタートし、記念品をプレゼントする。

 同会は市民有志で2011年に発会し、読書を広める活動を展開している。どこでも誰もが本と出合える環境づくりの取り組みの一つとして、会の女性メンバー7人が3年がかりで80カ所ほどを訪ね歩き、掲載の了承を得た施設をマップに掲載した。

 市立図書館や地区の公民館、コミュニティセンター、児童館など公共施設のほか、図書を置いている喫茶店やレストラン、医院、旅館、私設文庫などを紹介している。各施設の場所を示す略地図、絵本や児童書、小説、専門書、漫画など閲覧できる図書のジャンル、開設時間、連絡先などの情報を掲載した。中には幼児や小学生向けに1500冊もの蔵書を備える私設文庫もある。

 スタンプラリーは、マップに6カ所の施設のスタンプを集めると、引換所の施設で同会メンバー手作りの記念品が受け取れるもの。マップは縦30センチ、横80センチの両面刷りで、四つ折りして使用する。「荘内銀行ふるさと創造基金」を活用して3000部発行し、掲載施設などに配置してある。

 黒羽根代表は「鶴岡は民間施設でも本を手に取れる場所が多くある。これは文化都市としての鶴岡の特長の一つだと思う。マップに掲載できなかったものの、たくさんの蔵書を備え、地域の人たちに貸し出している施設もあり、発行をきっかけに各施設の横のつながりも持てる機会もつくっていきたい」と話している。

 マップに関する問い合わせは同会事務局の五十嵐さん=電0235(23)3803=へ。

本と出合える60施設を紹介した「つるおか まちじゅう図書館マップ」

関連記事

荘内日報社

冬の朝日地域盛り上げ 雪ランタンまつりにぎわう

 鶴岡市熊出の日帰り温泉施設「かたくり温泉ぼんぼ」で16日、雪ランタンまつりが開かれた。大勢の来客でにぎわい、手作り雪灯籠やランタンに火をともして楽しんだ。  ぼんぼの管理運営組合(渡部嚴理事長)...

タンカン詰め放題も JAあまみ、春の特産品フェア

 JAあまみ(本所・鹿児島県龍郷町)が取り扱う旬の地場産青果物をそろえた「あまみ春の特産品フェア」が16、17の両日、鹿児島市のおいどん市場与次郎館であった。タンカン、バレイショなど奄美群島で栽...

紀伊民報社

ジビエで焼きそば 地元のシェフに教わる

 和歌山県田辺市の上芳養小学校で18日、野生動物の肉「ジビエ」を使った調理実習があった。6年生15人が地元に住むフランス料理シェフの更井亮介さん(29)に教わり、地元で捕れたイノシシの肉で焼きそ...

水しぶきの「雨水」 帯広はプラス

 降雪が雨に変わり、雪解けが始まるころとされる二十四節気の「雨水」の19日、十勝地方は暖気が入り、気温は平年より高く推移した。帯広の正午の気温は、平年より2.8度高い0.7度。道路には大きな水た...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク