全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

満寿屋「ネジリドーナツ」の歌誕生 流さん作詞作曲 帯広

ネジリドーナツのポーズを取るスタッフらと歌の完成をPRする杉山社長(左)

 パン製造販売の「満寿屋商店」(帯広、杉山雅則社長)は、大きさや食感などに特色があり、創業から人気の「ネジリドーナツ」を広くPRしていこうと、音更出身のシンガー・ソングライター・流さんに作詞作曲を依頼し、テーマソング「ネジリドーナツのうた」を制作した。14日午後1時から市内の麦音店で完成記念ライブを開催する。

 ネジリドーナツはシナモンとシュガーの2種類で1個115円。創業以来レシピは変わらず、常に販売数量がトップ5に入り、多い日で1日1000個出る人気商品だ。杉山社長は「縄をよるように生地をねじる。通常の店に比べ、大きくて生地が軟らかい」と説明する。

 昨年からは8のつく日は管内全店1個88円で特売も始めた。曲の制作は、ドーナツにより親しんでもらおうと、今年6月、同社もかかわる音更の麦感祭などを通じて親交のあった流さんに依頼した。曲は明るい曲調で、特売を踏まえ、「8のつく日はパチパチパチ、お得なパンがあるんだよ」のほか、「口のまわりにお砂糖ついてるよ」「ポーズとりながらみんなで食べたらうれしくなっちゃうね」などの歌詞を盛り込んだ。

 流さんは「私自身、大好きなパン。楽しい歌に仕上がりました。パンを頬張りながら踊ったり、口ずさんでほしい」と力説。曲は定期的に店内で流すなどして発信していく。杉山社長は「当社にとって大事な商品。ネジリドーナツにちなみ、何らかのギネスに挑戦したり、イベントも企画したい」とする。入場無料。問い合わせは麦音(0155・67・4659)へ。

関連記事

思いやりの心で栽培を 大本小で「人権の花」植え付け

 花の栽培を通して思いやりの心や人権意識を身に付けてもらうことを目的とした「人権の花」の植え付け式が19日午前、今年度指定校の大本小学校(知念克治校長)で行われ、全児童9人と関係者がベゴニアの苗18...

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

生徒が模擬裁判員裁判

 新城市立作手中学校(木村恭一校長)で19日、県弁護士会東三河支部の会員弁護士4人による出前授業が開かれた。3年生13人は裁判員裁判となった強盗致傷事件の模擬裁判員となり、弁護士と一緒に被告が有罪か...

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク