全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

工藤さんが中学生に合唱指導 来月の東北音楽研究大会で披露

 酒田市出身の指揮者で、国立音楽大客員准教授の工藤俊幸さんが11、12の2日間、同市内の中学校3校で合唱指導を行い、“後輩”たちに直接、歌や音楽を楽しむ心を伝えた。

 この取り組みは、希望ホール自主事業企画運営委員会(関谷順委員長)が市の経費負担で多彩な文化芸術活動を展開する自主事業の一環。工藤さんによる合唱指導は昨年度に市内の4中学校で実施したのに続き2年目で、11日に第二、第六、12日に第四の計3中学校で実施。

 11日午前、工藤さんの母校である第二中学校(岩本諒子校長)では、学年ごと全生徒が1時間ずつ指導を受けた。このうち3年生110人は、工藤さんが、同市出身の詩人、故・吉野弘さんの詩「空の色が」に曲を付けた同タイトルの混声合唱曲のレッスンを受けた。

 この詩は、空の色と海の色が同じという情景に、他人と心が通じ合うときめきを重ねたもので、初出は1996年1月1日付の荘内日報。工藤さんは、来月16日に酒田市で開かれる東北音楽研究大会に向けた合唱曲を依頼され、制作した。

 レッスンで工藤さんは「吉野さんは政治の矛盾や、社会的に立場の弱い人を助けたいという思いを込めた詩をたくさん作った」「本来は空と海は違うものなのに、同じということに感動している」など、吉野さんの人となりや詩の言葉の意味を丁寧に解説しながら指導。生徒たちは心を込め、豊かな表現で歌った。

 3年の合唱リーダー・高瀬美来さんは「詩の意味をあんなに深く考えたことはなかった。深く考えることで、歌もとても良くなった」と謝辞を述べた。

 工藤さんは初の母校での音楽指導に「予想していたより、しっかり歌えていた。『空の色が』は、吉野さんの世界観を損なわず、中学生の気持ちにぴったりはまるように作った。酒田の子どもたちに好きになってもらえたらうれしい」と話した。同曲は来月の研究大会で、市内の中学生たちが合唱を披露、初演となる。

工藤さん(右)が故郷・酒田の中学生たちに合唱指導=11日、母校・第二中の3年生へのレッスン

関連記事

思いやりの心で栽培を 大本小で「人権の花」植え付け

 花の栽培を通して思いやりの心や人権意識を身に付けてもらうことを目的とした「人権の花」の植え付け式が19日午前、今年度指定校の大本小学校(知念克治校長)で行われ、全児童9人と関係者がベゴニアの苗18...

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

生徒が模擬裁判員裁判

 新城市立作手中学校(木村恭一校長)で19日、県弁護士会東三河支部の会員弁護士4人による出前授業が開かれた。3年生13人は裁判員裁判となった強盗致傷事件の模擬裁判員となり、弁護士と一緒に被告が有罪か...

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク