全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

カラオケで世界へ挑む 帯広の大場さん全国大会V

 カラオケ番組の出演や各種行事でライブを行う大場悠平さん(21)=帯広市、会社員=が「KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS(KWC)2018」の日本大会決勝(9月22日・東京=第一興商主催)で頂点に立ち、12月にフィンランドで開かれる世界大会の出場を決めた。大場さんは「一生に一度の大舞台。応援してくれる人の思いを背負い、今までしてきたことをいつも通りに出し切りたい」と活躍を誓っている。

日本大会優勝のトロフィーを手に世界大会での活躍を誓う大場さん

 大場さんは音更木野東小、音更緑南中、白樺学園高卒。高校時代まで野球に熱中し、卒業後に好きだった歌を本格的に始めた。NHKのど自慢チャンピオン大会2017(東京)でグランドチャンピオンに輝いた後、カラオケ番組「THEカラオケ★バトル」などに出演。母校・緑南中の文化祭や「おびひろ氷まつり」などでも歌声を披露している。

 KWCは国内外のアマチュアシンガーが集い、歌手のメジャーデビューにつながる登竜門としても知られている。予選に当たるオーディション(音源審査突破者によるスタジオ審査=東京、大阪、福岡の3都市で開催)を経て、各都市から選ばれた男女代表、昨年度の準優勝者ら17人が日本大会決勝に進んだ。

 決勝では、それぞれが審査員と参加者の前でフルコーラスを歌った。14番目に登場した大場さんが披露したのは「カセキ」(中村つよし)。得意のバラードで勝負をかけた。元のメロディーを意図的に崩すフェイクや、抑揚の付け方など試行錯誤を繰り返して仕上げた1曲だ。

 2年前にも同じ決勝の舞台に立ったが、その時は敗退しており、今回は「前回以上の結果を、優勝を目指した。結果を残し、力になってくれた人を喜ばせたかった」という。決勝を振り返り、「もう少しうまくできたという気持ちもあったが、全体を見れば満足できた。やり切った」。会場では両親も見守り、「厳しい父親がおめでとうと言ってくれた」と笑う。

 世界大会は12月18~21日の開催で、現在27カ国がエントリーしている。大場さんは本番に向け、再度気持ちを切り替えて練習中。賞金として受け取った50万円で、衣装の購入も検討しているという。「ここで満足せず、世界大会に向けて完成度を高めたい。言葉の壁を超えて感動を届けられたら」と意気込む。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク