全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

カラオケで世界へ挑む 帯広の大場さん全国大会V

 カラオケ番組の出演や各種行事でライブを行う大場悠平さん(21)=帯広市、会社員=が「KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS(KWC)2018」の日本大会決勝(9月22日・東京=第一興商主催)で頂点に立ち、12月にフィンランドで開かれる世界大会の出場を決めた。大場さんは「一生に一度の大舞台。応援してくれる人の思いを背負い、今までしてきたことをいつも通りに出し切りたい」と活躍を誓っている。

日本大会優勝のトロフィーを手に世界大会での活躍を誓う大場さん

 大場さんは音更木野東小、音更緑南中、白樺学園高卒。高校時代まで野球に熱中し、卒業後に好きだった歌を本格的に始めた。NHKのど自慢チャンピオン大会2017(東京)でグランドチャンピオンに輝いた後、カラオケ番組「THEカラオケ★バトル」などに出演。母校・緑南中の文化祭や「おびひろ氷まつり」などでも歌声を披露している。

 KWCは国内外のアマチュアシンガーが集い、歌手のメジャーデビューにつながる登竜門としても知られている。予選に当たるオーディション(音源審査突破者によるスタジオ審査=東京、大阪、福岡の3都市で開催)を経て、各都市から選ばれた男女代表、昨年度の準優勝者ら17人が日本大会決勝に進んだ。

 決勝では、それぞれが審査員と参加者の前でフルコーラスを歌った。14番目に登場した大場さんが披露したのは「カセキ」(中村つよし)。得意のバラードで勝負をかけた。元のメロディーを意図的に崩すフェイクや、抑揚の付け方など試行錯誤を繰り返して仕上げた1曲だ。

 2年前にも同じ決勝の舞台に立ったが、その時は敗退しており、今回は「前回以上の結果を、優勝を目指した。結果を残し、力になってくれた人を喜ばせたかった」という。決勝を振り返り、「もう少しうまくできたという気持ちもあったが、全体を見れば満足できた。やり切った」。会場では両親も見守り、「厳しい父親がおめでとうと言ってくれた」と笑う。

 世界大会は12月18~21日の開催で、現在27カ国がエントリーしている。大場さんは本番に向け、再度気持ちを切り替えて練習中。賞金として受け取った50万円で、衣装の購入も検討しているという。「ここで満足せず、世界大会に向けて完成度を高めたい。言葉の壁を超えて感動を届けられたら」と意気込む。

関連記事

思いやりの心で栽培を 大本小で「人権の花」植え付け

 花の栽培を通して思いやりの心や人権意識を身に付けてもらうことを目的とした「人権の花」の植え付け式が19日午前、今年度指定校の大本小学校(知念克治校長)で行われ、全児童9人と関係者がベゴニアの苗18...

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

生徒が模擬裁判員裁判

 新城市立作手中学校(木村恭一校長)で19日、県弁護士会東三河支部の会員弁護士4人による出前授業が開かれた。3年生13人は裁判員裁判となった強盗致傷事件の模擬裁判員となり、弁護士と一緒に被告が有罪か...

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク