全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

JALグループ 4月に食物アレルギーツアー

食事メニューに含まれるアレルギー物質を厳しくチェックするツアー関係者ら=5日午後、市新川のビーチホテルサンシャイン

 JALグループは、4月1日から2泊3日の日程で、石垣島では初となる食物アレルギーを持つ人とその家族が対象のツアー「JAL・JTAで行く、食物アレルギー対応ツアーin石垣島」を催行する。ツアー開催に向け5日午後、関係者によるツアー中の食事メニューの試食会が宿泊先となる石垣市新川のビーチホテルサンシャインで行われ、料理中に含まれるアレルギー物質のチェックなどが行われた。  同グループは2010年から同様のツアーを催行しており、県内では4回目。過去にツアー参加者の先島への関心が高く、催行を模索したところ、石垣島の観光や医療関係者らの協力で実現した。今回は重度の食物アレルギー症状を持つ人とその家族計35人が参加し竹富島でも観光を楽しむ。  試食会では、ツアー催行に協力するNPO法人食物アレルギーの子を持つ親の会、イオントップバリュ、(株)生活品質科学研究所、メニューを作る同ホテルの料理人など関係者13人が参加し、食材や厨房内の調理器具、サービスにいたるまで、含まれる可能性のあるアレルギー物質を厳しくチェックした。  同ホテルの赤城陽子総支配人は「八重山調理師会の後押しもあり受け入れを決めた。アレルギー物質を取り除くための調理器具の清掃など県外に行かないと学べないことを勉強できる」と話した。  同ホテルの安里昇料理長は「修学旅行生への食材対応はあるが、ツアー全体は初めて。使用する調味料もチェックを受けた。事故なく無事に終われば」と笑顔を見せた。  NPO法人食物アレルギーの子を持つ親の会の武内澄子代表は「食物アレルギーの人が旅行をするのは非常にハードルが高い。食物アレルギーに関する知識が、受け入れ観光地やこの地域全体に広がっていけば」とツアー催行への思いを語った。

関連記事

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ 上士幌・糠平湖

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...

長野日報社

スケート滑って健康づくり 大人対象に教室

岡谷市内山のやまびこ国際スケートセンターで11日、大人を対象にした初のスケート教室が行われた。市内外から20~80歳代の男女23人が参加。久しぶりにスケート靴を履いたという参加者が多く、同センタ...

「渥美半島を彩る菜の花まつり」開幕

 ひと足早い春の訪れを告げる「渥美半島菜の花まつり2020」(渥美半島観光ビューロー主催)が11日、田原市で開幕した。3月31日までの期間中は、伊良湖地区や国道沿いなどで菜の花畑が見られ、イベン...

長野日報社

雪の上のユニバーサル デュアルスキーの体験会

信州綜合開発観光は9日、信州大学との共同で、パイロットがサポートする障がい者用チェアスキー「デュアルスキー」の体験会を、同社運営の車山高原スカイパークリゾートスキー場で開いた。スキー場スタッフら...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク