全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

地元食材をPR

 東京都内の料理人ら10人が食をテーマにした研修ツアーで9、10の両日、鶴岡市を訪問。ほ場見学や生産者との交流もあり、地元生産者らは都内の料亭などへの販路拡大のチャンスとして、自慢の逸品を売り込んだ。

 厚生労働省の委託事業で「これからの料理人・従業員育成研修ツアーin山形」として東京都料理生活衛生同業組合が主催。地方を舞台に食文化や食材、生産者との交流などを通して、料理人らの見識を深め、食に関する創造性を高める狙い。鶴岡市のイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフの奥田政行さんと都内の料理人のつながりもあり、第1回を鶴岡市で開催することになった。都内に店を構える料亭など10店舗から料理人やオーナーなどが参加した。

 初日の9日はJR鶴岡駅前のフーデェヴァーを会場に、「まんまーる」(鶴岡市、松本典子代表)のコーディネートで県内の生産者との交流会を実施。温海町森林組合による「焼畑あつみかぶ」の循環型農法、だだちゃ豆の莢(さや)を餌に育てたクックミートマルヤマの「羽黒緬羊」など、生産のこだわりや商品の魅力などについて各生産者が試食を提供しながらプレゼンした。

 老舗日本料理店「日本橋ゆかり」の3代目、野永喜三夫さん(46)は「生産者と料理人が共通の理解を持って食に取り組むことが大切と思っている。生産者の苦労を知り、新しい発見につながればと参加。使ってみたい食材もある」と話した。

 一行はこのほか、市内の老舗料亭の新茶屋や藤沢かぶのほ場、ベジタイムレストラン土遊農、産直あねちゃ、アル・ケッチァーノなどを訪問。

東京都内の料理人らに地元生産者らが食材をPR=9日、フーデェヴァー

関連記事

思いやりの心で栽培を 大本小で「人権の花」植え付け

 花の栽培を通して思いやりの心や人権意識を身に付けてもらうことを目的とした「人権の花」の植え付け式が19日午前、今年度指定校の大本小学校(知念克治校長)で行われ、全児童9人と関係者がベゴニアの苗18...

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

生徒が模擬裁判員裁判

 新城市立作手中学校(木村恭一校長)で19日、県弁護士会東三河支部の会員弁護士4人による出前授業が開かれた。3年生13人は裁判員裁判となった強盗致傷事件の模擬裁判員となり、弁護士と一緒に被告が有罪か...

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク