全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

コウノトリ飛来 白浜町内ノ川の田んぼ

餌を探して歩き回るコウノトリ(10日、白浜町内ノ川で)

 白浜町内ノ川の田んぼに国の特別天然記念物のコウノトリ1羽が飛来し、住民たちを喜ばせている。  9日午後4時半ごろ、稲刈りが終わった田んぼに大型の鳥がいるのを住民が見つけ「コウノトリではないか」と話題になった。コウノトリは田んぼでバッタなどを食べた後、近くの電柱に止まり、一夜を過ごした。10日午前も現地にいた。  近くに住む富田中学校1年の神谷茉莉花さん(13)は「またここへ来てほしい」、弟で北富田小学校5年の達輝君(10)は「これからも元気に、いろんな所を旅してほしい」と話した。  兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園は、個体を識別するために足環を着けている。白浜町に飛来した個体の足環の色は、両足とも「黄・赤」。同公園によると、3月13日に徳島県鳴門市で生まれ、5月22日に巣立った雌で、名前は「百(モモ)」。  同公園は「観察の際は150メートルほど離れた場所から静かに見守ってほしい」という。

関連記事

荘内日報社

冬の朝日地域盛り上げ 雪ランタンまつりにぎわう

 鶴岡市熊出の日帰り温泉施設「かたくり温泉ぼんぼ」で16日、雪ランタンまつりが開かれた。大勢の来客でにぎわい、手作り雪灯籠やランタンに火をともして楽しんだ。  ぼんぼの管理運営組合(渡部嚴理事長)...

タンカン詰め放題も JAあまみ、春の特産品フェア

 JAあまみ(本所・鹿児島県龍郷町)が取り扱う旬の地場産青果物をそろえた「あまみ春の特産品フェア」が16、17の両日、鹿児島市のおいどん市場与次郎館であった。タンカン、バレイショなど奄美群島で栽...

紀伊民報社

ジビエで焼きそば 地元のシェフに教わる

 和歌山県田辺市の上芳養小学校で18日、野生動物の肉「ジビエ」を使った調理実習があった。6年生15人が地元に住むフランス料理シェフの更井亮介さん(29)に教わり、地元で捕れたイノシシの肉で焼きそ...

水しぶきの「雨水」 帯広はプラス

 降雪が雨に変わり、雪解けが始まるころとされる二十四節気の「雨水」の19日、十勝地方は暖気が入り、気温は平年より高く推移した。帯広の正午の気温は、平年より2.8度高い0.7度。道路には大きな水た...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク