全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

コンバインで児童が稲刈り体験

コンバインで収穫を体験する児童(井関小近くの田んぼで)

 山口市阿知須の井関小(足達滋校長)の5年生19人が9日、同小近くの田んぼで稲刈りを行った。地元の農家と一人ずつコンバインに乗り込み、黄金色に輝く「きぬむすめ」を収穫した。田んぼは、農事組合法人井関営農組合のんた(松本浩次代表理事)が管理する15アール。子どもたちは6月に田植えを行い、草刈りなどを通して成長を見守ってきた。きぬむすめは高温に強い品種で、今年の出来栄えは上々という。コンバインによる稲刈りは昨年に続いて2回目。子どもたちは松本さんから手ほどきを受けながら操作し、収穫の喜びを味わった。松本さんは「職業として農業に興味を持つきっかけになれば」と思いを語った。収穫した米は組合で乾燥調整した後、同小の家庭科の調理実習で試食する予定。

関連記事

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク