全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「元気ないです」 十勝川温泉でユニークポスター 音更

 9月の胆振東部地震による風評被害で宿泊キャンセルが相次いだ十勝川温泉に客を呼び戻そうと、十勝川温泉旅館組合(作田英実組合長)と町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が「元気ないです 十勝川温泉」というユニークなキャッチコピーのポスターを作製した。

作製したポスターと窪次長

地震の風評逆手にPR
 A全判でキャッチコピーの他、「ヒマ過ぎちゃって、サービス向上。」のコピーが書かれ、料理の仕込み時間なのに、新メニューを考案して試食が止まらない料理人、空き部屋で英語の勉強を始めた女性客室係員、浴場の見回りついでに入浴し「美肌実験」を始めてしまった職員の3枚の写真を掲載している。「待ってるよ 十勝川温泉」の文字も。

 100枚作製。10日夕に放送される情報番組「どさんこワイド179」(STV)に、同観光協会事務局の窪浩政次長や同組合関係者らが出演し、ポスターを初披露する他、近く全国の旅行会社や道の駅、観光案内所などに送付する。

 窪次長は「宿泊キャンセルの窮状を逆説的に表現した。ピンチをチャンスにという思いで、十勝川温泉地区の関係者挙げて取り組んでいることをアピールしたい」と話している。

 同協会や町などによると、地震による宿泊キャンセルは9月30日現在、1万122人に上っている。

関連記事

思いやりの心で栽培を 大本小で「人権の花」植え付け

 花の栽培を通して思いやりの心や人権意識を身に付けてもらうことを目的とした「人権の花」の植え付け式が19日午前、今年度指定校の大本小学校(知念克治校長)で行われ、全児童9人と関係者がベゴニアの苗18...

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

生徒が模擬裁判員裁判

 新城市立作手中学校(木村恭一校長)で19日、県弁護士会東三河支部の会員弁護士4人による出前授業が開かれた。3年生13人は裁判員裁判となった強盗致傷事件の模擬裁判員となり、弁護士と一緒に被告が有罪か...

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク