全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

第2オフィスも「満室」 白浜町のIT企業誘致

新たな進出企業が決まったことで「満室」になる白浜町第2ITビジネスオフィス(同町で)=町提供

 白浜町と和歌山県は9日、同町の平草原公園にある町第2ITビジネスオフィスに新たな企業の進出が決まったと発表した。今春に完成した同オフィスには企業に貸す部屋が4室あるが、既に3社が進出したか契約済みで、今回で「満室」になる。首都圏から相次ぐ企業進出に、町や県は喜んでいる。

 同オフィスへの進出を決めたのは、東京都港区に本社を置く「ウフル」(園田崇社長)。あらゆるものをインターネットにつなげる「IoT」に関連するサービスを提供する企業で、英国フィナシャルタイムズ社が3月に発表した「アジアの急成長企業1000社」に入った。県によると11月から操業し、非正規を含め6人を雇用する予定。  ウフルはまた、南紀白浜空港ビル内にも拠点を設ける。空港への情報通信技術の導入のほか、町の観光、防災に関するアプリケーションの開発などに取り組む。空港の運営は来年4月から民間に委託することが決まっている。  ウフルが進出を決めたことについて、井澗誠町長は「歓迎したい。今回でITオフィスは満室になったが、企業誘致がさらに進展するよう、県とより連携を深めながら取り組みたい。IT企業の先進地となるよう頑張りたい」と話した。仁坂吉伸知事は「白浜は風光明媚で空港もあり、都会よりいい環境で仕事ができると企業に訴えてきた。それが実を結んだ」と語り、今後については「既存の遊休施設を活用するなどして、何らかの形でオフィスを供給できるようにしたい」と話した。  ウフルの進出協定の調印式は18日に県庁である。  第2ITオフィスには、既に東京都に本拠を置くテレビ・ウェブ会議システムの「ブイキューブ」(目黒区)、飲食店の経営などを手掛ける「サブライム」(新宿区)が入居済みで、町によると2社で計9人を地元で雇っている。  不動産大手の「三菱地所」(千代田区)も別の一室を契約しており、リゾート型テレワーク「ワーケーション」の場として他の企業に利用を呼び掛ける。年内にも使えるようにするという。  一方、第1ITオフィスは、湯崎地区の海が望める高台にある。町によると、クラウドサービス大手「セールスフォース・ドットコム」の日本法人(同)など8社が入居していて満室になっている。

関連記事

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

ドラゴンズ選手による少年野球教室

 プロ野球中日ドラゴンズの松井佑介外野手(31)と谷元圭介投手(33)による野球教室が15日、東栄町立東栄中学校で開かれた。北設楽郡の小中学生65人が参加し、バッティングや投球のコツを学んだ。  野球の基...

荘内日報社

野の文化賞に黒羽根さん(鶴岡)

 「真壁仁・野の文化賞」運営委員会(梅津保一委員長)は14日、第34回「真壁仁・野の文化賞」に黒羽根洋司さん(71)=鶴岡市=が刊行した「庄内の女たち」が選ばれたと発表した。昨年、同賞に輝いた戸村雅子さ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク