全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

夜空に幻想的「ゆめの種」 山口ゆめ花博

小さな光を発しながら舞い降りる「ゆめの種」(海の大草原ゾーンで)

 台風一過の秋晴れに恵まれた7、8の両日、山口ゆめ花博は計12万3152人の来場者でにぎわった。7日はナイトプログラム「ゆめの種」やブルーインパルスのアクロバット飛行、8日は一青窈さんのスペシャルライブなどがあり、来場者は咲き誇る花々とともに多彩なイベントを満喫していた。「ゆめの種」は、夢が書かれた約30㌢の種形の紙を気球からまくイベント。国内外で活躍する美術家の高橋匡太さん(京都府出身)によるプロジェクトで、会期前に行われたワークショップの参加者や来場者が書き込んだ約1万3000人分の夢が集まった。紙には発光ダイオード(LED)のライトが取り付けられており、高さ30メートルの気球から日が暮れた海の大草原ゾーンに舞い降りるさまは、周囲を幻想的な空間に変えた。「ゆめの種」が誰かの手に渡ることで夢を交換するという目的があり、地面にたどり着いた夢は参加者に配られた。7日は開幕以来最多となる7万7082人が来場。会場周辺の道路は朝早くから終日渋滞し、実行委員会は駐車場の確保や車の整理に追われた。総来場者数は45万9291人となり、早くも目標の50万人に向けたカウントダウンが始まった。

関連記事

荘内日報社

冬の朝日地域盛り上げ 雪ランタンまつりにぎわう

 鶴岡市熊出の日帰り温泉施設「かたくり温泉ぼんぼ」で16日、雪ランタンまつりが開かれた。大勢の来客でにぎわい、手作り雪灯籠やランタンに火をともして楽しんだ。  ぼんぼの管理運営組合(渡部嚴理事長)...

タンカン詰め放題も JAあまみ、春の特産品フェア

 JAあまみ(本所・鹿児島県龍郷町)が取り扱う旬の地場産青果物をそろえた「あまみ春の特産品フェア」が16、17の両日、鹿児島市のおいどん市場与次郎館であった。タンカン、バレイショなど奄美群島で栽...

紀伊民報社

ジビエで焼きそば 地元のシェフに教わる

 和歌山県田辺市の上芳養小学校で18日、野生動物の肉「ジビエ」を使った調理実習があった。6年生15人が地元に住むフランス料理シェフの更井亮介さん(29)に教わり、地元で捕れたイノシシの肉で焼きそ...

水しぶきの「雨水」 帯広はプラス

 降雪が雨に変わり、雪解けが始まるころとされる二十四節気の「雨水」の19日、十勝地方は暖気が入り、気温は平年より高く推移した。帯広の正午の気温は、平年より2.8度高い0.7度。道路には大きな水た...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク