全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

夜空に幻想的「ゆめの種」 山口ゆめ花博

小さな光を発しながら舞い降りる「ゆめの種」(海の大草原ゾーンで)

 台風一過の秋晴れに恵まれた7、8の両日、山口ゆめ花博は計12万3152人の来場者でにぎわった。7日はナイトプログラム「ゆめの種」やブルーインパルスのアクロバット飛行、8日は一青窈さんのスペシャルライブなどがあり、来場者は咲き誇る花々とともに多彩なイベントを満喫していた。「ゆめの種」は、夢が書かれた約30㌢の種形の紙を気球からまくイベント。国内外で活躍する美術家の高橋匡太さん(京都府出身)によるプロジェクトで、会期前に行われたワークショップの参加者や来場者が書き込んだ約1万3000人分の夢が集まった。紙には発光ダイオード(LED)のライトが取り付けられており、高さ30メートルの気球から日が暮れた海の大草原ゾーンに舞い降りるさまは、周囲を幻想的な空間に変えた。「ゆめの種」が誰かの手に渡ることで夢を交換するという目的があり、地面にたどり着いた夢は参加者に配られた。7日は開幕以来最多となる7万7082人が来場。会場周辺の道路は朝早くから終日渋滞し、実行委員会は駐車場の確保や車の整理に追われた。総来場者数は45万9291人となり、早くも目標の50万人に向けたカウントダウンが始まった。

関連記事

思いやりの心で栽培を 大本小で「人権の花」植え付け

 花の栽培を通して思いやりの心や人権意識を身に付けてもらうことを目的とした「人権の花」の植え付け式が19日午前、今年度指定校の大本小学校(知念克治校長)で行われ、全児童9人と関係者がベゴニアの苗18...

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

生徒が模擬裁判員裁判

 新城市立作手中学校(木村恭一校長)で19日、県弁護士会東三河支部の会員弁護士4人による出前授業が開かれた。3年生13人は裁判員裁判となった強盗致傷事件の模擬裁判員となり、弁護士と一緒に被告が有罪か...

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク