全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

未来の乗り心地 上士幌で自動運転バス試乗

役場敷地内をゆっくりと走行する自動運転バス

 自動運転バスの一般向けの試乗会が7日午前、町役場敷地内で開かれた。運転席やハンドルのない電気バスに乗りながら、最先端技術の乗り心地を体感した。

 AI(人工知能)などをテーマにした町の生涯学習講座「かみしほろ塾」の一環で実施した。

 バスはフランス製の「NAVYA ARMA」で12人乗り。トラストバンク(東京)が購入した。バスに搭載されたAIがGPS(全地球測位システム)を活用して現在地を把握。複数のカメラやセンサーが人や障害物を認知して進む。

 この日は役場敷地内の70メートルのL字型のコースを時速約4キロでゆっくりと走行。一番乗りとなった町内の小嶋亜紀さん(42)は「運転手がいないのにカーブを曲がれて不思議な感じがした。乗り心地もよかった」、長男(11)は「遠くまで行けたら楽しそう」と話していた。

 これに先立ち、車両のお披露目式も開かれ、トラストバンクの須永珠代社長が「ICT(情報通信技術)を活用したツールを上士幌を起点に各自治体に広めたい」、竹中貢町長は「交通弱者が自宅に閉じこもらず外出しやすくなる。(無人バスが)新しい時代の救世主になると確信している」とあいさつした。

関連記事

荘内日報社

冬の朝日地域盛り上げ 雪ランタンまつりにぎわう

 鶴岡市熊出の日帰り温泉施設「かたくり温泉ぼんぼ」で16日、雪ランタンまつりが開かれた。大勢の来客でにぎわい、手作り雪灯籠やランタンに火をともして楽しんだ。  ぼんぼの管理運営組合(渡部嚴理事長)...

タンカン詰め放題も JAあまみ、春の特産品フェア

 JAあまみ(本所・鹿児島県龍郷町)が取り扱う旬の地場産青果物をそろえた「あまみ春の特産品フェア」が16、17の両日、鹿児島市のおいどん市場与次郎館であった。タンカン、バレイショなど奄美群島で栽...

紀伊民報社

ジビエで焼きそば 地元のシェフに教わる

 和歌山県田辺市の上芳養小学校で18日、野生動物の肉「ジビエ」を使った調理実習があった。6年生15人が地元に住むフランス料理シェフの更井亮介さん(29)に教わり、地元で捕れたイノシシの肉で焼きそ...

水しぶきの「雨水」 帯広はプラス

 降雪が雨に変わり、雪解けが始まるころとされる二十四節気の「雨水」の19日、十勝地方は暖気が入り、気温は平年より高く推移した。帯広の正午の気温は、平年より2.8度高い0.7度。道路には大きな水た...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク