全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

雲の切れ間から星空 観光客ら星まつり満喫 西表島

雲の切れ間から顔を出す星空の紹介が行われた=6日夜、西表島豊原開拓の里

 【西表】星空を資源とした地域の振興・活性化の促進などを目的とする「西表島ふれあい星まつり」(八重山広域市町村圏事務組合主催)は6日夜、豊原開拓の里で開催され、地域住民や観光客ら約400人(主催者発表)がライブや観望会を楽しんだ。

 星まつりは2011年に始まり、今回で8年目。この日は、あいにくの曇り空となったが、雲の切れ間から天の川や火星などが顔をのぞかせた。

 同組合副理事長の西大舛髙旬竹富町長はあいさつで「88星座のうち84星座を観測できる西表島。今年は星空保護区にも認定され、星空を資源にした施策を展開したい。星まつりで世界屈指の星空を満喫してほしい」と述べた。

 舞台は大原中学校生22人の「鷲ぬ鳥節」で幕開け、力強い空手の演武を披露した。司会が星にまつわる八重山の民話を朗読、ライブショーでは西表島の大浜修さん、石垣島の金城弘美さんが会場に歌声を響かせた。

 国立天文台水沢VLBI観測所石垣島天文台施設責任者の花山秀和氏は、イリオモテヤマネコにかけて「やまねこ座」を紹介。NPO八重山星の会の通事安夫代表理事が星座や一等星などを解説。観望客は、空のコンディションが悪いなか輝く星空を堪能した。

 那覇市出身の平良好さん(28)=西表島古見=は「西表島の星は本島と比べて断然きれい。特にこの場所は、曇っていても星がよく見えた」と満足げだった。

関連記事

消防士体験でヒーロー気分

豊橋市「ふるさと納税」返礼品の一つ  自治体を選んで寄付をするふるさと納税制度で豊橋市に寄付した人ができる消防士の仕事体験「ファイヤーヒーロー体験」が16日、市中消防署で行われ、浜松市内の親子1組...

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク