全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内農高生と加茂水高生コラボ開発 濃厚海老味噌ラーメン

 鶴岡市の庄内農業高と加茂水産高の両校生徒が考案した「濃厚海老味噌(みそ)ラーメン」の試食会が5日、市立加茂水族館の屋外ブースで開かれ、地元産の小麦やエビを素材に開発したコラボラーメンが披露された。

 両校生徒が昨年度に取り組んだ「サンマ節のだし庄農加茂水コラボうどん」に続く第2弾。庄農高生物環境科の3年生5人が麺、加茂水高海洋資源科の3年生3人がスープを担当。6月から開発に取り掛かり、3回の合同調理実習などを重ねて味を調えてきた。麺は地元産の小麦「ゆめ星」に10%のパスタ粉のデュラム小麦を加えた太めストレートの硬水麺。スープは鼠ケ関産のエビ(ガサエビ、アマエビ)の濃縮だしと地元産の3種のみそをブレンドした濃厚スープ。煮豚とネギをトッピングした。庄農の叶野優さん(18)は「デュラム小麦を加えてもちもち感を出した。何度も割合を変えて濃厚なエビのスープに合う自信作ができた」、加茂水の太田ことみさん(18)は「エビから出るおいしいだしに負けず、しょっぱ過ぎないようにみそをブレンドした」と話した。

 試食会は両校の6人が協力して調理し、小わん100食分を水族館の来場者らに振る舞った。和歌山県日高川町の滝本美樹さん(31)は「エビだしのラーメンは初めて。麺はもちもちでツルッとしておいしい。ラーメン開発なんて楽しそうな勉強。きっといい経験になる」と話した。

 両校では試食者へのアンケートを基にコラボラーメンの完成度を高め、20日午前11時から午後2時半まで、同市羽黒町の「福奏庵」でコラボラーメンを販売予定。また、庄農うどんや加茂水産の缶詰製品の販売が行われる。

庄農高生(左)と加茂水産高生(右)がコラボラーメンを披露。試食会で100食分を調理し振る舞った

関連記事

障害を持つ家族への介護者表彰

 長年、障害のある家族らを在宅で献身的に介護する人たちを対象にした「豊橋市障害者介護者表彰」(同市社協主催)が18日、同市総合福祉センター「あいトピア」で開かれた。  7年以上介護を続け、介護され...

荘内日報社

地域おこし協力隊・阿部さん 庄内弁の魅力 国内外発信

 酒田市八幡地域の大沢地区を拠点に活動する地域おこし協力隊の阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、同地区を舞台にした庄内弁ドラマ「んめちゃ!」の3作目を制作し、動画サイトYouTubeにアップ...

紀伊民報社

サンタが水槽お掃除 串本海中公園水族館

 和歌山県串本町有田の串本海中公園水族館で16日、クリスマスイベント「水中サンタの水槽お掃除」があった。スタッフがサンタクロースの衣装で潜水し、ガラスを磨いた。水槽の前には家族連れらが集まり、サ...

サンタメール待っててね 広尾から全国へ発送開始

 サンタランドの町から全国、海外へ届けるクリスマスカード「サンタメール」の発送が18日に始まった。  広尾町はノルウェー・オスロ市から国内で唯一となる「サンタランド」の認定を受け、サンタメール...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク