全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内農高生と加茂水高生コラボ開発 濃厚海老味噌ラーメン

 鶴岡市の庄内農業高と加茂水産高の両校生徒が考案した「濃厚海老味噌(みそ)ラーメン」の試食会が5日、市立加茂水族館の屋外ブースで開かれ、地元産の小麦やエビを素材に開発したコラボラーメンが披露された。

 両校生徒が昨年度に取り組んだ「サンマ節のだし庄農加茂水コラボうどん」に続く第2弾。庄農高生物環境科の3年生5人が麺、加茂水高海洋資源科の3年生3人がスープを担当。6月から開発に取り掛かり、3回の合同調理実習などを重ねて味を調えてきた。麺は地元産の小麦「ゆめ星」に10%のパスタ粉のデュラム小麦を加えた太めストレートの硬水麺。スープは鼠ケ関産のエビ(ガサエビ、アマエビ)の濃縮だしと地元産の3種のみそをブレンドした濃厚スープ。煮豚とネギをトッピングした。庄農の叶野優さん(18)は「デュラム小麦を加えてもちもち感を出した。何度も割合を変えて濃厚なエビのスープに合う自信作ができた」、加茂水の太田ことみさん(18)は「エビから出るおいしいだしに負けず、しょっぱ過ぎないようにみそをブレンドした」と話した。

 試食会は両校の6人が協力して調理し、小わん100食分を水族館の来場者らに振る舞った。和歌山県日高川町の滝本美樹さん(31)は「エビだしのラーメンは初めて。麺はもちもちでツルッとしておいしい。ラーメン開発なんて楽しそうな勉強。きっといい経験になる」と話した。

 両校では試食者へのアンケートを基にコラボラーメンの完成度を高め、20日午前11時から午後2時半まで、同市羽黒町の「福奏庵」でコラボラーメンを販売予定。また、庄農うどんや加茂水産の缶詰製品の販売が行われる。

庄農高生(左)と加茂水産高生(右)がコラボラーメンを披露。試食会で100食分を調理し振る舞った

関連記事

思いやりの心で栽培を 大本小で「人権の花」植え付け

 花の栽培を通して思いやりの心や人権意識を身に付けてもらうことを目的とした「人権の花」の植え付け式が19日午前、今年度指定校の大本小学校(知念克治校長)で行われ、全児童9人と関係者がベゴニアの苗18...

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

生徒が模擬裁判員裁判

 新城市立作手中学校(木村恭一校長)で19日、県弁護士会東三河支部の会員弁護士4人による出前授業が開かれた。3年生13人は裁判員裁判となった強盗致傷事件の模擬裁判員となり、弁護士と一緒に被告が有罪か...

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク