全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

空自千歳基地警備犬のシシマルに防衛大臣褒賞 胆振東部地震被災地で不明者発見に貢献

不明者発見に貢献したシシマルと、左から内山さん、山下さん

 胆振東部地震で被災した厚真町で不明者の捜索に当たった、航空自衛隊千歳基地の警備犬シシマル号が防衛大臣褒賞を受賞した。シシマルは地震発生の9月6日から9日まで、厚真町の吉野地区で活動し、不明者1人の発見に貢献。5日に褒賞状の伝達式が行われ、警備犬管理班の隊員らは「訓練の成果を生かせた」などと振り返った。

 警備犬は基地の守りなどに活動する「装備品」の位置付け。犬によって得意な分野は異なり、日頃から嗅覚(きゅうかく)で物を嗅ぎつけるなどの訓練、不審者を制圧する襲撃訓練などをこなしている。シシマルはジャーマンシェパードの雄3歳で、特に捜索活動が得意。厚真町での災害派遣には、全国各地の空自から警備犬9匹が選抜され、千歳基地からはシシマルが唯一参加した。

 警備犬は地震が発生した9月6日から厚真町に入り、最後の不明者が発見された9日まで、嗅覚を頼りに捜索活動に当たった。家屋などが土砂で埋もれた地域をくまなく回り、不明者がいるとみられる地点で合図を出し、9匹で3人の発見に貢献した。シシマルはハンドラーの内山英明3曹(27)、ハンドラー兼助手の山下修基(なおき)3曹(29)と吉野地区で活動し、1人の発見に携わった。

 シシマルが被災地で活動するのは初めて。内山さんは「最初は環境が変わっておびえた様子だった」と率直に振り返りつつ、「すぐに環境に慣れてくれた。積極的ににおいを嗅いで活動してくれた」と目を細める。山下さんも「徐々に自信を付けてくれた」と評価し、2人で「結果につながってよかった」と胸をなで下ろした。

 大臣褒賞は9月26日付けで全9匹に贈られ、小野寺五典前防衛大臣から「ご褒美」としてドッグフードのプレゼントも。5日に寺崎隆行基地司令が2人とシシマルに伝達し、「訓練の成果がいかんなく発揮された。私からも感謝したい」と訓示。シシマルも隊員手作りのメダルを首から提げられ、誇らしげな表情を見せていた。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク