全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

シシャモ漁始まる 青空の下、仕分けに熱 広尾・大樹

シシャモと他の魚をより分ける漁業者(十勝港で)

 道内有数の漁獲量を誇る十勝のシシャモ漁が5日、広尾と大樹両町で始まった。初日は好天に恵まれ、港では、日差しに照らされて輝く魚体の選別に集中する漁業者の姿が見られた。

 十勝の漁獲量は産地として有名な胆振を上回る。広く出回っているカラフトシシャモ(カペリン)とは違い、北海道太平洋沿岸のみに生息。産卵のため川を遡上(そじょう)する10~11月が漁期となる。

 広尾町の十勝港ではこの日、漁船が夜明け前から出港し、昼すぎから次々と戻った。漁業者は岸壁に設置したテーブルの上で、シシャモを他の魚と分ける作業に熱を入れた。広尾漁協ししゃも漁業部会の下沢信昭部会長は「初日としてはまずまずの量でほっとしている」と話した。広尾漁協によると、初日の漁獲量は約35.6トンで前年を上回った。浜値は1キロ当たり、大が1189~950円。小が1055~800円。大津漁協でも中旬から漁を始める予定。

関連記事

東栄でチェンソーアート競技大会開幕

 第19回日本チェンソーアート競技大会in東栄(とうえい宝の山づくり実行委員会主催、東愛知新聞社など後援)が25日、東栄町の東栄ドーム一帯で始まった。国内外の出場者が自動式ノコギリを駆使して丸太を削っ...

紀伊民報社

「川の参詣道」に新たな舟

 「川の参詣道」として世界遺産に登録されている熊野川を下る川舟が新たに製作され、24日に進水式があった。これまで使ってきた舟が老朽化する中、川舟を運航する新宮市の一般財団法人「熊野川町ふれあい公...

荘内日報社

五穀豊穣願い手植え 献饌田で「御田植祭」

 鶴岡市の出羽三山神社に奉納する米の「御田植祭」が24日、同市羽黒町玉川にある大鳥居そばの献饌田(けんせんでん)で行われた。同神社の巫女(みこ)や山伏が五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えを行った。 ...

宇部日報社

初めてのまちなかフラワーフェスタ&緑化祭始まる

 第1回まちなかフラワーフェスタ&緑化祭が25日、宇部新天町名店街で始まり、花と緑で飾られたアーケード内は多くの人でにぎわっている。宇部新天町名店街協同組合(熊谷満之理事長)主催。市、宇部小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク