全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

シシャモ漁始まる 青空の下、仕分けに熱 広尾・大樹

シシャモと他の魚をより分ける漁業者(十勝港で)

 道内有数の漁獲量を誇る十勝のシシャモ漁が5日、広尾と大樹両町で始まった。初日は好天に恵まれ、港では、日差しに照らされて輝く魚体の選別に集中する漁業者の姿が見られた。

 十勝の漁獲量は産地として有名な胆振を上回る。広く出回っているカラフトシシャモ(カペリン)とは違い、北海道太平洋沿岸のみに生息。産卵のため川を遡上(そじょう)する10~11月が漁期となる。

 広尾町の十勝港ではこの日、漁船が夜明け前から出港し、昼すぎから次々と戻った。漁業者は岸壁に設置したテーブルの上で、シシャモを他の魚と分ける作業に熱を入れた。広尾漁協ししゃも漁業部会の下沢信昭部会長は「初日としてはまずまずの量でほっとしている」と話した。広尾漁協によると、初日の漁獲量は約35.6トンで前年を上回った。浜値は1キロ当たり、大が1189~950円。小が1055~800円。大津漁協でも中旬から漁を始める予定。

関連記事

鹿児島ご当地アイドル日本一 奄美観光大使のサザン☆クロス

 鹿児島県の観光PRアイドルグループ・サザン☆クロスが東京都で11月24日に開催された「ご当地アイドル№1決定戦~U・M・Uアワード2018」(ザ・クロス主催)で、見事グランプリに輝いた。審査員賞...

荘内日報社

“魚介類の楽園づくり”に光

 「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集し紹介、表彰する環境省制定「第6回グッドライフアワード」で、海洋生物の保全活動に取り組んでいる酒田市のNPO法人・みなと研究会(守屋元志代表理...

紀伊民報社

どんな本かはお楽しみ 「福袋」貸し出し

 和歌山県田辺市東陽の市立図書館は、司書がお薦めする本を入れた「福袋」を貸し出している。どんな本かは、借りてからのお楽しみ。未知の作品に出合えるわくわく感が楽しめる。  好みのジャンルを飛び越え...

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク