全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

味に期待し仕込み式 赤ワイン「宮田紫輝」

ワイン「宮田紫輝」の原料のヤマソービニオンを破砕機に入れる関係者

 宮田村で栽培したヤマソービニオンを使った2018年産赤ワイン「宮田紫輝」の仕込み式が5日、同村新田の本坊酒造マルス信州蒸溜所で行われた。生産者から持ち込まれたブドウを破砕機に投入し、仕込み作業を開始。今年のブドウの収穫を祝い、質の高いワインの仕上がりを願った。

 紫輝は、同村の中央アルプス「山ぶどうの里」づくり推進会議(会長・小田切康彦村長)が宮田産 ワインの特産化を図ろうと製造。20回目の今年は約12トンのヤマソービニオンを使い、昨年より2000本少ない1万本(720ミリリットル瓶)を同蒸溜所で醸造する。

 仕込み式には関係者約30人が参加。小田切村長は「12月のワインまつりでおいしいワインが提供できると期待している」とあいさつ。ヤマソービニオンの生産者でつくる「山ぶどう栽培組合」の小田切忠組合長は「今年は異常気象の中の栽培だったが、ヤマソービニオン独特の野性味あふれるワインができるよう願う」と醸造を託した。

 同蒸溜所担当者によると、今年は7、8月の好天で例年以上にブドウの酸度が下がり、実が十分に熟したので「昨年より飲みやすくなりそう」。糖度はほぼ例年並みとなり「エレガントですっきりとしたワインに仕上がるのでは」としている。

 18年産紫輝は12月8日に開く「ワインまつり」でお披露目し、販売開始となる。

関連記事

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

長野日報社

参観日にパーティー 原小4年1組が角寒天作り

長野県原村の原小学校4年1組(牛山あゆみ教諭、32人)は今年度の総合的な学習で、角寒天作りに取り組んできた。18日には5回目となる「天出し」作業を行った。今後、天候や寒天の乾燥具合を見ながら1...

ロケットパン完成 満寿屋と大樹高が共同開発

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と大樹高校(青木祐治校長、生徒139人)の生徒が共同開発した「大樹ロケットパン」(3種類)が18日午前、初披露された。パッケージデザインは町内の小・...

紀伊民報社

養殖魚の冷凍茶漬け

 近畿大学発のベンチャー企業「アーマリン近大」(和歌山県白浜町)は、養殖魚3種類(マダイ、シマアジ、クエ)を使用した「切り身まるごと 近大おさかな茶漬け」=写真=の販売をホームページで始めた。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク