全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新城でニューキャッスルアライアンス会議始まる

 世界にある「新しい城」の意味を持つ都市の人たちが話し合う第11回ニューキャッスル・アライアンス会議の主要イベントが4日、新城市で始まった。日本を含めて計13カ国15都市の住民らが参加。加盟都市間での協力体制や交流の活性化を目指し、8日までに「文化」「観光」「教育」「ビジネス」の4分野で大人と若者に分かれて協議する。  新城市が世界の「新城」に呼び掛けて1998年に第1回を開催。2年に一度のペースで行い、今回は20周年を迎えた。  新城文化会館で行われた全体会議では英国にあるアライアンス会議事務局のデビット・フォルクナー事務局長が寄せたメッセージを穂積亮次市長が代読。「加盟都市の中で同じ規模の都市同士が交流を深めていくことができる。さらなる発展を考えてほしい」との内容だった。  続いて参加者は8グループに分かれて協議を始めた。  会議では大人と若者に分かれて6、7、8の3回行い、8日午後には共同声明発表と若者から提案を行う。  参加している国はオーストラリア、カナダ、デンマーク、ドイツ、ラトビア、マレーシア、スロバキア、南アフリカ、スイス、イギリス、アメリカ、日本、モンテネグロ。

関連記事

荘内日報社

酒田港に最上級大型クルーズ船

 県と酒田市は23日、シルバーシー・クルーズ(本部・モナコ)が運航するモナコ船籍の大型クルーズ船「シルバー・ミューズ」(4万791総トン、乗客定員596人、クルー411人)が2021年4月、酒田市の酒田港に初寄港す...

紀伊民報社

巨大な落石防護柵 地滑りの兆候で対策

 地滑りの兆候が確認されている和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡に、高さ5・5メートル、延長約150メートルの落石防護柵が設置された。柵の上60メートルの所にある直径約3メートルの巨石が転落しても止め...

漂着ごみ186キロ収集 龍北中生らリサーチきょら活動 龍郷町

 鹿児島県奄美大島龍郷町の龍北中学校(山縣祥美校長、生徒7人)と奄美海上保安部は23日、同町の嘉渡海岸で漂着ごみを調査する「リサーチきょら活動」を実施した。生徒たちは教諭9人、海保職員4人と共に...

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク