全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新厚生病院へ準備進む 11月1日に一斉移転 帯広

 帯広厚生病院(菊池英明院長)の新病院の開業が、1カ月後に迫った。新病院の病床数は651床(現748床)と道内で3番目。医療機関の移転としては、全道でも過去最大規模だ。移転当日の11月1日、外来診療を開始する同5日に向け、今後は巨大な引っ越しプロジェクトの準備が急ピッチで進められる。

開業が1カ月後に迫った帯広厚生病院の新病院。人と物の移動に向け急ピッチで準備が進む

 厚生病院は、2012年に新病院への移転計画を打ち出した。現病院の老朽化に対応したもので、16年3月に新病院の建設工事を開始した。

 開業を迎えるまでに6年以上をかけて計画の策定や工事を進めてきた。建屋や周辺の工事はほぼ完了しており、今後はいよいよ人や物の移動が始まる。

 厚生病院は10月中旬以降、精密検査や手術のための予定入院を見合わせ、現状で600人いる入院患者を半分の300人程度まで減らし、移転準備を進める。31日から休診に入り、移転作業を行う。移転当日は職員や自衛隊、消防の関係者など約700人が移転作業に携わる予定。

 厚生病院は引っ越しに際し「安全を最優先にする」としており、前日の31日から11月4日にかけ、外来の休診や診療制限を実施。1日の患者搬送(午前9時~午後1時ごろ)に関しても、患者の安全と周囲への影響を最小限に抑えることを両立するため、帯広警察署などと緻密な計画を練る。

 期間中は患者の治療や通院予定、市民生活にも一定の影響が出ることが考えられることから、病院幹部は「市民の皆さんにもご理解をいただきたい」としている。

<帯広厚生病院・新病院>
 帯広競馬場の南側、白樺通を挟んだ西14南10に立地する。鉄筋コンクリート・鉄骨造り地上10階建てで、延べ床面積は現在の約1.3倍の6万3500平方メートル。メインの建屋のほか、救命センター棟、エネルギー棟などを設置し、高度急性期治療に加えて災害対応などの備えも充実させた。駐車場は現病院の1.4倍の887台分を確保している。

関連記事

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

荘内日報社

地域おこし協力隊員らが「複業」事例発表

 生業や地域づくりを考えるイベント「仕事が無いなら自分で作る?~若者がナリワイを作って活気のある地域に」が14日、三川町文化交流館「アトク先生の館」で開かれ、同町で活動している地域おこし協力隊の伊藤秀...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク