全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川代田小児童に戦争体験を語る

 豊川市の豊川海軍工廠(しょう)空襲に関連した研究を行う「諏訪・市田の被爆を記録し後世に伝えるグループ」(野本弘幸代表)は3日、工廠跡地に開園した平和公園の平和交流館で、園内見学に訪れた近隣の代田小学校の6年生77人に戦争体験を語った。  当時、八南小2年だった石川勝之助さん(80)=神奈川県藤沢市=が、工廠への空襲で同級生2人を含む児童23人が亡くなったことを紹介。学校葬に参列した時の様子や、夏休みが明けると死亡した児童の机に花が供えられていたことを振り返った。「日本は平和だが、外国では爆弾が落ちたり銃の撃ち合いをしている。二度と戦争なんかしないように、将来を担うみんなが食い止めてほしい」と呼び掛けた。  野本代表らメンバーは、諏訪地区における爆弾の着弾ポイントを記した地図や、犠牲者23人の名簿、当時小学生だった人たちの文集や手記を教材として児童に贈呈。当時、飢えをしのぐために食べていた椎の実を贈るメンバーもいた。  被爆した地区が校区に入る代田小学校では毎年秋、学習発表会で工廠の生活などを描いた演劇「ああ、豊川海軍工廠」を披露している。小林由弥君は「いただいた貴重な資料を生かして、平和の大切さをしっかり伝えていきたい」と話した。

関連記事

思いやりの心で栽培を 大本小で「人権の花」植え付け

 花の栽培を通して思いやりの心や人権意識を身に付けてもらうことを目的とした「人権の花」の植え付け式が19日午前、今年度指定校の大本小学校(知念克治校長)で行われ、全児童9人と関係者がベゴニアの苗18...

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

生徒が模擬裁判員裁判

 新城市立作手中学校(木村恭一校長)で19日、県弁護士会東三河支部の会員弁護士4人による出前授業が開かれた。3年生13人は裁判員裁判となった強盗致傷事件の模擬裁判員となり、弁護士と一緒に被告が有罪か...

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク