全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊川代田小児童に戦争体験を語る

 豊川市の豊川海軍工廠(しょう)空襲に関連した研究を行う「諏訪・市田の被爆を記録し後世に伝えるグループ」(野本弘幸代表)は3日、工廠跡地に開園した平和公園の平和交流館で、園内見学に訪れた近隣の代田小学校の6年生77人に戦争体験を語った。  当時、八南小2年だった石川勝之助さん(80)=神奈川県藤沢市=が、工廠への空襲で同級生2人を含む児童23人が亡くなったことを紹介。学校葬に参列した時の様子や、夏休みが明けると死亡した児童の机に花が供えられていたことを振り返った。「日本は平和だが、外国では爆弾が落ちたり銃の撃ち合いをしている。二度と戦争なんかしないように、将来を担うみんなが食い止めてほしい」と呼び掛けた。  野本代表らメンバーは、諏訪地区における爆弾の着弾ポイントを記した地図や、犠牲者23人の名簿、当時小学生だった人たちの文集や手記を教材として児童に贈呈。当時、飢えをしのぐために食べていた椎の実を贈るメンバーもいた。  被爆した地区が校区に入る代田小学校では毎年秋、学習発表会で工廠の生活などを描いた演劇「ああ、豊川海軍工廠」を披露している。小林由弥君は「いただいた貴重な資料を生かして、平和の大切さをしっかり伝えていきたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

酒田港に最上級大型クルーズ船

 県と酒田市は23日、シルバーシー・クルーズ(本部・モナコ)が運航するモナコ船籍の大型クルーズ船「シルバー・ミューズ」(4万791総トン、乗客定員596人、クルー411人)が2021年4月、酒田市の酒田港に初寄港す...

紀伊民報社

巨大な落石防護柵 地滑りの兆候で対策

 地滑りの兆候が確認されている和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡に、高さ5・5メートル、延長約150メートルの落石防護柵が設置された。柵の上60メートルの所にある直径約3メートルの巨石が転落しても止め...

漂着ごみ186キロ収集 龍北中生らリサーチきょら活動 龍郷町

 鹿児島県奄美大島龍郷町の龍北中学校(山縣祥美校長、生徒7人)と奄美海上保安部は23日、同町の嘉渡海岸で漂着ごみを調査する「リサーチきょら活動」を実施した。生徒たちは教諭9人、海保職員4人と共に...

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク