全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ネットで浸水被害復旧資金募る

クラウドファンディングで復旧費用を募っている亀屋旅館と小淵誠代表(田辺市本宮町川湯で)

 8月下旬の台風20号で甚大な浸水被害を受けた和歌山県田辺市本宮町の川湯温泉街で、「亀屋旅館」(小淵誠代表)が、インターネットを通じて資金を募るクラウドファンディング(CF)を始めた。昭和初期に建てられ、国の「登録有形文化財」に登録されている木造建築の本館を復旧させるための費用で、11月末まで支援を呼び掛けている。

 県教委文化遺産課によると、国の登録有形文化財は、建設後50年を経過した建造物などが対象で、歴史的景観に寄与していることなどの条件を満たすものを文部科学大臣が登録する制度。県内には221件ある。指定文化財に比べ、修理の補助金などの優遇措置は少ないが、改修などの規制は緩いのが特徴という。  川湯温泉街のほぼ中央にある亀屋旅館は、江戸時代から続く老舗旅館。木造2階建ての本館は1928年の建築で、風景と調和して老舗旅館の風格を伝えていることなどが評価され、2008年に登録された。  小淵代表によると、台風20号によって温泉街を流れる大塔川があふれ、亀屋旅館でも本館と別館が1階の天井近くまで水につかった。  被災後、多くのボランティアも協力して泥出しなどの作業を進めてきたが、復旧費用として1千万円ほどかかる見通し。資金的に厳しい状況であることから、友人のアドバイスを受けてCFに挑戦することにした。  目標金額は本館の復旧費用として200万円を設定。募集は11月30日までで、達成できなかった場合はすべて返還される。  支援の金額(3千円~10万円)に応じて、お礼状▽ナギの苗木▽日帰り入浴とランチペア招待券▽宿泊券▽名前を印字した、河原で温泉を掘るための専用スコップ―といった返礼品を設けている。ホームページ (https://readyfor.jp/projects/kameya-kawayu/) から申し込むことができるほか、本宮町商工会でも受け付けている。  小淵代表(42)は「この災害で心が折れそうなところもあったが、ボランティアの皆さんがいっぱい来てくださり、かなり助けていただいた。築90年のこの建物を、次の100年も存続させたい。そのために、さらなるご支援とご協力を頂きたい」と話している。

関連記事

思いやりの心で栽培を 大本小で「人権の花」植え付け

 花の栽培を通して思いやりの心や人権意識を身に付けてもらうことを目的とした「人権の花」の植え付け式が19日午前、今年度指定校の大本小学校(知念克治校長)で行われ、全児童9人と関係者がベゴニアの苗18...

長野日報社

新生「御湖鶴」 下諏訪で醸造始め祭

 下諏訪町の酒造会社菱友醸造の破綻で途絶えた日本酒「御湖鶴」のブランドを引き継ぐ磐栄運送(本社福島県)が19日、酒造りの開始を前にした「醸造始め祭」を、同町御田町の酒造場で行った。22日から仕...

生徒が模擬裁判員裁判

 新城市立作手中学校(木村恭一校長)で19日、県弁護士会東三河支部の会員弁護士4人による出前授業が開かれた。3年生13人は裁判員裁判となった強盗致傷事件の模擬裁判員となり、弁護士と一緒に被告が有罪か...

荘内日報社

鶴岡南高生と鶴岡駅前商店街振興組合が連携 27日「鶴お菓子まつり」開催

 県立鶴岡南高校の2年生5人と、鶴岡駅前商店街振興組合が連携して、「菓子」をテーマにした駅前活性化イベント「鶴お菓子まつり」の開催に向けて準備を進めている。27日(土)、FOODEVERとマリカ広場で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク