全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ネットで浸水被害復旧資金募る

クラウドファンディングで復旧費用を募っている亀屋旅館と小淵誠代表(田辺市本宮町川湯で)

 8月下旬の台風20号で甚大な浸水被害を受けた和歌山県田辺市本宮町の川湯温泉街で、「亀屋旅館」(小淵誠代表)が、インターネットを通じて資金を募るクラウドファンディング(CF)を始めた。昭和初期に建てられ、国の「登録有形文化財」に登録されている木造建築の本館を復旧させるための費用で、11月末まで支援を呼び掛けている。

 県教委文化遺産課によると、国の登録有形文化財は、建設後50年を経過した建造物などが対象で、歴史的景観に寄与していることなどの条件を満たすものを文部科学大臣が登録する制度。県内には221件ある。指定文化財に比べ、修理の補助金などの優遇措置は少ないが、改修などの規制は緩いのが特徴という。  川湯温泉街のほぼ中央にある亀屋旅館は、江戸時代から続く老舗旅館。木造2階建ての本館は1928年の建築で、風景と調和して老舗旅館の風格を伝えていることなどが評価され、2008年に登録された。  小淵代表によると、台風20号によって温泉街を流れる大塔川があふれ、亀屋旅館でも本館と別館が1階の天井近くまで水につかった。  被災後、多くのボランティアも協力して泥出しなどの作業を進めてきたが、復旧費用として1千万円ほどかかる見通し。資金的に厳しい状況であることから、友人のアドバイスを受けてCFに挑戦することにした。  目標金額は本館の復旧費用として200万円を設定。募集は11月30日までで、達成できなかった場合はすべて返還される。  支援の金額(3千円~10万円)に応じて、お礼状▽ナギの苗木▽日帰り入浴とランチペア招待券▽宿泊券▽名前を印字した、河原で温泉を掘るための専用スコップ―といった返礼品を設けている。ホームページ (https://readyfor.jp/projects/kameya-kawayu/) から申し込むことができるほか、本宮町商工会でも受け付けている。  小淵代表(42)は「この災害で心が折れそうなところもあったが、ボランティアの皆さんがいっぱい来てくださり、かなり助けていただいた。築90年のこの建物を、次の100年も存続させたい。そのために、さらなるご支援とご協力を頂きたい」と話している。

関連記事

鹿児島ご当地アイドル日本一 奄美観光大使のサザン☆クロス

 鹿児島県の観光PRアイドルグループ・サザン☆クロスが東京都で11月24日に開催された「ご当地アイドル№1決定戦~U・M・Uアワード2018」(ザ・クロス主催)で、見事グランプリに輝いた。審査員賞...

荘内日報社

“魚介類の楽園づくり”に光

 「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集し紹介、表彰する環境省制定「第6回グッドライフアワード」で、海洋生物の保全活動に取り組んでいる酒田市のNPO法人・みなと研究会(守屋元志代表理...

紀伊民報社

どんな本かはお楽しみ 「福袋」貸し出し

 和歌山県田辺市東陽の市立図書館は、司書がお薦めする本を入れた「福袋」を貸し出している。どんな本かは、借りてからのお楽しみ。未知の作品に出合えるわくわく感が楽しめる。  好みのジャンルを飛び越え...

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク