全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

多言語翻訳タブレットで 拓殖、十勝バス2社

おびくる窓口に設置されている31言語対応のタブレット

 北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)と十勝バス(帯広、野村文吾社長)はJR帯広駅前の「バスターミナルおびくる」窓口に、31言語を翻訳できるタブレットを導入している。観光庁が翻訳システムの効果を検証するため全国で試験的に導入しているもので、おびくるには2月末まで設置される予定。

 観光庁によると国が過去2年間で訪日外国人旅行者に行った調査では、旅先の施設でうまくコミュニケーションが図れず困ったとする意見が多かった。政府は2020年に訪日外国人旅行者を4000万人に増やす目標を掲げており、課題を解決するため観光庁が実証事業を行っている。

 使用されるタブレットには多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra(ボイストラ)」が搭載されており、英語や中国語だけでなく、フランス語やイタリア語などヨーロッパの言語にも対応。うち17言語は音声入力ができる。現在、全国の交通ターミナルや宿泊・観光施設など約500カ所が試験的に導入している。

 おびくるでは9月上旬から北海道拓殖バス、同下旬から十勝バス窓口にタブレットが1台ずつ設置されており、拓殖バスの窓口ではすでに英語、中国語など数件の利用があった。おびくるには英語対応の人工知能(AI)が乗り場などを案内する窓口があるが、「スタッフがいる窓口を直接訪れる外国人旅行者も多いことから導入した」(十勝バス)という。

 北海道拓殖バスの小森明仁業務部長は「タブレットを使った対応にどんな感想が寄せられるかを知りたい」、十勝バスの若森克芳乗合課長は「窓口を訪れる外国人に分かりやすく答えていきたい」と話している。

関連記事

鹿児島ご当地アイドル日本一 奄美観光大使のサザン☆クロス

 鹿児島県の観光PRアイドルグループ・サザン☆クロスが東京都で11月24日に開催された「ご当地アイドル№1決定戦~U・M・Uアワード2018」(ザ・クロス主催)で、見事グランプリに輝いた。審査員賞...

荘内日報社

“魚介類の楽園づくり”に光

 「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集し紹介、表彰する環境省制定「第6回グッドライフアワード」で、海洋生物の保全活動に取り組んでいる酒田市のNPO法人・みなと研究会(守屋元志代表理...

紀伊民報社

どんな本かはお楽しみ 「福袋」貸し出し

 和歌山県田辺市東陽の市立図書館は、司書がお薦めする本を入れた「福袋」を貸し出している。どんな本かは、借りてからのお楽しみ。未知の作品に出合えるわくわく感が楽しめる。  好みのジャンルを飛び越え...

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク