全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

多言語翻訳タブレットで 拓殖、十勝バス2社

おびくる窓口に設置されている31言語対応のタブレット

 北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)と十勝バス(帯広、野村文吾社長)はJR帯広駅前の「バスターミナルおびくる」窓口に、31言語を翻訳できるタブレットを導入している。観光庁が翻訳システムの効果を検証するため全国で試験的に導入しているもので、おびくるには2月末まで設置される予定。

 観光庁によると国が過去2年間で訪日外国人旅行者に行った調査では、旅先の施設でうまくコミュニケーションが図れず困ったとする意見が多かった。政府は2020年に訪日外国人旅行者を4000万人に増やす目標を掲げており、課題を解決するため観光庁が実証事業を行っている。

 使用されるタブレットには多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra(ボイストラ)」が搭載されており、英語や中国語だけでなく、フランス語やイタリア語などヨーロッパの言語にも対応。うち17言語は音声入力ができる。現在、全国の交通ターミナルや宿泊・観光施設など約500カ所が試験的に導入している。

 おびくるでは9月上旬から北海道拓殖バス、同下旬から十勝バス窓口にタブレットが1台ずつ設置されており、拓殖バスの窓口ではすでに英語、中国語など数件の利用があった。おびくるには英語対応の人工知能(AI)が乗り場などを案内する窓口があるが、「スタッフがいる窓口を直接訪れる外国人旅行者も多いことから導入した」(十勝バス)という。

 北海道拓殖バスの小森明仁業務部長は「タブレットを使った対応にどんな感想が寄せられるかを知りたい」、十勝バスの若森克芳乗合課長は「窓口を訪れる外国人に分かりやすく答えていきたい」と話している。

関連記事

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

荘内日報社

地域おこし協力隊員らが「複業」事例発表

 生業や地域づくりを考えるイベント「仕事が無いなら自分で作る?~若者がナリワイを作って活気のある地域に」が14日、三川町文化交流館「アトク先生の館」で開かれ、同町で活動している地域おこし協力隊の伊藤秀...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク