全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

多言語翻訳タブレットで 拓殖、十勝バス2社

おびくる窓口に設置されている31言語対応のタブレット

 北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)と十勝バス(帯広、野村文吾社長)はJR帯広駅前の「バスターミナルおびくる」窓口に、31言語を翻訳できるタブレットを導入している。観光庁が翻訳システムの効果を検証するため全国で試験的に導入しているもので、おびくるには2月末まで設置される予定。

 観光庁によると国が過去2年間で訪日外国人旅行者に行った調査では、旅先の施設でうまくコミュニケーションが図れず困ったとする意見が多かった。政府は2020年に訪日外国人旅行者を4000万人に増やす目標を掲げており、課題を解決するため観光庁が実証事業を行っている。

 使用されるタブレットには多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra(ボイストラ)」が搭載されており、英語や中国語だけでなく、フランス語やイタリア語などヨーロッパの言語にも対応。うち17言語は音声入力ができる。現在、全国の交通ターミナルや宿泊・観光施設など約500カ所が試験的に導入している。

 おびくるでは9月上旬から北海道拓殖バス、同下旬から十勝バス窓口にタブレットが1台ずつ設置されており、拓殖バスの窓口ではすでに英語、中国語など数件の利用があった。おびくるには英語対応の人工知能(AI)が乗り場などを案内する窓口があるが、「スタッフがいる窓口を直接訪れる外国人旅行者も多いことから導入した」(十勝バス)という。

 北海道拓殖バスの小森明仁業務部長は「タブレットを使った対応にどんな感想が寄せられるかを知りたい」、十勝バスの若森克芳乗合課長は「窓口を訪れる外国人に分かりやすく答えていきたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

「川の参詣道」に新たな舟

 「川の参詣道」として世界遺産に登録されている熊野川を下る川舟が新たに製作され、24日に進水式があった。これまで使ってきた舟が老朽化する中、川舟を運航する新宮市の一般財団法人「熊野川町ふれあい公...

荘内日報社

五穀豊穣願い手植え 献饌田で「御田植祭」

 鶴岡市の出羽三山神社に奉納する米の「御田植祭」が24日、同市羽黒町玉川にある大鳥居そばの献饌田(けんせんでん)で行われた。同神社の巫女(みこ)や山伏が五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えを行った。 ...

宇部日報社

初めてのまちなかフラワーフェスタ&緑化祭始まる

 第1回まちなかフラワーフェスタ&緑化祭が25日、宇部新天町名店街で始まり、花と緑で飾られたアーケード内は多くの人でにぎわっている。宇部新天町名店街協同組合(熊谷満之理事長)主催。市、宇部小野田...

ナタネと小麦 くっきり 帯広市拓成町 伊澤農場

 十勝管内のナタネ畑で花がほぼ満開となっている。黄色い花と、青々と伸びる小麦のコントラストが美しい景色をつくりだしている。  帯広市拓成町の「earth canvas 伊澤農場」(伊澤学代表...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク