全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

蒲郡の女将たち「いちじくのコンフィチュール」開発

 がまごおり温泉郷の宿泊施設女将(おかみ)たちでつくる「こはぜの会」(渡邉栄子会長)は、蒲郡市内で栽培されたイチジクを使ったジャム「いちじくのコンフィチュール」を開発した。「味わって美容と健康に役立ててください」と話している。5日から会員の女将たちがいる10施設で販売する。  イチジクは食物繊維があって腸の活動を活発にさせるほか、高血圧の予防にもなるカリウムも含んでいるという。女将たちは市内で栽培される果実と、体を温めたり、ダイエット効果もある「甜菜(てんさい)」から作られる「てんさい糖」と一緒にジャムを作ることを考えた。  果実提供は市内で栽培する酒井新一さんが協力した。  商品は120㍉㍑の瓶入りで税別800円。600個つくり、会員の施設で販売する。  同会の石川恭子副会長は「パンやクラッカーにつけておやつだけでなく、紅茶などホットドリンクに混ぜて飲むのもおすすめです」と話している。  施設は次の通り。問い合わせは各施設へ。  姫宿花かざし、龍城、旬景浪漫銀波荘、西浦グランドホテル吉慶、松風園、ひがきホテル、平野屋、海陽閣、天の丸、蒲郡ホテル

関連記事

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

長野日報社

桑の葉パウダー発売 若葉を粉末にし利用容易に

長野県駒ケ根市の竜東農村公園振興協議会は、クワの若葉を乾燥、粉末にした「信州駒ケ根産まるごと桑の葉パウダー」を開発し、市内3カ所で販売を始めた。食用としてのクワの利用を促進する協議会初の商品化。血...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク