全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

蒲郡の女将たち「いちじくのコンフィチュール」開発

 がまごおり温泉郷の宿泊施設女将(おかみ)たちでつくる「こはぜの会」(渡邉栄子会長)は、蒲郡市内で栽培されたイチジクを使ったジャム「いちじくのコンフィチュール」を開発した。「味わって美容と健康に役立ててください」と話している。5日から会員の女将たちがいる10施設で販売する。  イチジクは食物繊維があって腸の活動を活発にさせるほか、高血圧の予防にもなるカリウムも含んでいるという。女将たちは市内で栽培される果実と、体を温めたり、ダイエット効果もある「甜菜(てんさい)」から作られる「てんさい糖」と一緒にジャムを作ることを考えた。  果実提供は市内で栽培する酒井新一さんが協力した。  商品は120㍉㍑の瓶入りで税別800円。600個つくり、会員の施設で販売する。  同会の石川恭子副会長は「パンやクラッカーにつけておやつだけでなく、紅茶などホットドリンクに混ぜて飲むのもおすすめです」と話している。  施設は次の通り。問い合わせは各施設へ。  姫宿花かざし、龍城、旬景浪漫銀波荘、西浦グランドホテル吉慶、松風園、ひがきホテル、平野屋、海陽閣、天の丸、蒲郡ホテル

関連記事

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...

荘内日報社

「つるおかぼんちゃ」収穫始まる

 鶴岡の7月盆に食べられる茶豆(枝豆)の超極早生品種「つるおかぼんちゃ」の収穫が7日から同市内の枝豆産地で始まった。例年より5日、昨年より1週間ほど早い。生産者グループは「5月の高温と乾燥などの影響を受...

十勝パンスイーツ 13日発売 「甘すぎずおいしい」

 十勝パンを創る会(中島将好会長)が開発したオリジナルパン「オドゥブレ十勝」を使ったスイーツが、13日から会員の旭屋商店(芽室)と満寿屋商店(帯広)で販売されることになった。6日には試食会が帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク