全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室ワイン製造にエール 研究会がシンポジウム

芽室産ブドウでのワイン造りの可能性について語った(左から)中島さん、山崎さん、廣田さん

 「ブドウ・ワインシンポジウム2018inMEMURO」が3日、めむろーどで開かれた。芽室産ブドウによるワイン製造の将来性について考えた。

 町産ブドウでワイン造りを目指す「MEMUROワインヴァレー研究会」(吉田知浩会長)が主催し、80人が来場した。

 山崎ワイナリー(三笠市)の山崎太地さんが講演。山崎さんは両親や兄とともに同ワイナリーを経営。自社の畑でブドウを栽培し、ワインの製造から販売までを手掛けている。

 山崎さんは多雪や海成土壌、夕日がよく当たるといった自社のほ場の特性を生かしたワイン造りへの思い、ワイナリーでの直販や学校の授業受け入れなどワインを通じた地域経済や教育、文化との関わりを紹介。「経営者と生産者のはざまに立っているが、あくまでも生産者でありたい。『良いワインは良い人にしか造れない』。このことを肝に銘じてワインを造っていきたい」と語った。

 講演後には、山崎さん、十勝里山デザイン研究所代表の中島セイジさん(同研究会理事)、農研機構北海道農業研究センターの廣田知良さんの鼎談(ていだん)も行われた。

 廣田さんは芽室の気候が赤ワイン用のブドウ品種「ピノ・ノワール」の栽培適地の気候帯に近づいていると指摘。山崎さんは「成功の近道はこの土地で生活する人が(ブドウ栽培やワイン醸造を)やること」とエールを送った。

 中島さんは「ワインヴァレー研究会の取り組みはまちづくり。孫、子の世代に何が残せるか(を考えたい)」とした。

関連記事

新調の百足旗頭を奉納 芸能なく寸刻の祈願 真栄里豊年祭

 真栄里公民館(山田惠昌館長)は7日夕、安居(あんぐん)御嶽で、豊年祭のオンプールを行った。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から芸能なし。31年ぶりとなる百足(ンガザー)旗頭の奉納など、神事...

釧路新聞社

「三元交配」の乳牛誕生【中標津】

   町養老牛の中澤牧場で、乳用牛のホルスタイン種にフランスから輸入したモンベリアード種を掛け交わせた子牛が誕生した。病気に強く飼いやすい牛を作り続ける「クロスブリーディング」という手法で、計根別...

長野日報社

コロナ禍の撮影支援を JFCが総会シンポ

フィルムコミッション(FC)に取り組む全国の自治体や観光協会などで組織するジャパン・フィルムコミッション(JFC)は7日、諏訪市の旧東洋バルヴ諏訪工場跡地でJFC総会シンポジウムを開いた。自治...

荘内日報社

甲子園交流試合 鶴東ナイン決意新た

 甲子園高校野球交流試合に出場する鶴岡東高の壮行式が6日、同校体育館で行われた。昨夏に続く“2年連続”の甲子園出場だが、コロナ禍のために今年は16日の日本航空石川戦に勝っても負けても1試合限りとなった。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク