全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

酒米 丁寧に刈り取り 「十勝晴れ」原料 音更

酒米用の稲を刈る下士幌小の児童(音更町の白木さん方の水田で)

 地酒「十勝晴れ」の原料となる酒米「彗星(すいせい)」の収穫が2日、音更町十勝川温泉の白木祐一さん(73)の水田で行われた。音更下士幌小学校(舘田真校長、児童38人)の5・6年生15人も加わり、鎌を使い、黄金色に実った稲を一束ずつ丁寧に刈り取った。

 町や帯広市、帯広商工会議所など12団体でつくる「とかち酒文化再現プロジェクト」(事務局・帯広信用金庫)の一環。5月に同校児童らも参加し、231アールに田植えした。

 収穫作業は台風を避けるため9月28、29日に機械で大方を済ませており、2日は午前9時からプロジェクト参加団体の関係者や児童らが手刈りした。昨年に続き参加した同校6年の女子児童(11)は「自分たちで植えた稲を刈ることができてよかった」と笑顔を見せた。

 今夏は低温や降雨が多かったため、収量は例年より少ない10アール当たり6.5俵前後の予想。それでも白木さんは「無事に収穫を迎えられて幸い。地酒がここまでブランド化されたのはうれしい」と目を細めた。

 収穫した酒米は田中酒造(小樽)で12月から仕込み、来年2月ごろに純米吟醸などを発売する予定。

関連記事

鹿児島ご当地アイドル日本一 奄美観光大使のサザン☆クロス

 鹿児島県の観光PRアイドルグループ・サザン☆クロスが東京都で11月24日に開催された「ご当地アイドル№1決定戦~U・M・Uアワード2018」(ザ・クロス主催)で、見事グランプリに輝いた。審査員賞...

荘内日報社

“魚介類の楽園づくり”に光

 「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取り組みを募集し紹介、表彰する環境省制定「第6回グッドライフアワード」で、海洋生物の保全活動に取り組んでいる酒田市のNPO法人・みなと研究会(守屋元志代表理...

紀伊民報社

どんな本かはお楽しみ 「福袋」貸し出し

 和歌山県田辺市東陽の市立図書館は、司書がお薦めする本を入れた「福袋」を貸し出している。どんな本かは、借りてからのお楽しみ。未知の作品に出合えるわくわく感が楽しめる。  好みのジャンルを飛び越え...

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク