全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

上農高産「黒豚」を出荷 30年ぶり校内飼育

出荷の朝、最後の世話をする上伊那農業高校生物科学科動物科学コースの3年制

 上伊那農業高校(南箕輪村)の生物科学科動物科学コースの3年生が1日朝、ほぼ30年ぶりに校内で飼育した黒豚2頭を出荷した。11月に行う同校の伝統行事・収穫祭で唯一自校産が使えなかった豚肉を自分たちで用意しようと、課題研究を兼ねて5人の生徒が取り組んだ。4カ月育てた豚は丸々太り、2頭とも体重100キロ超に。生徒らは最後の世話をして、業者に引き渡した。

 課題研究で豚を飼育したのは小野沢りんさん(17)、酒井和馬さん(18)、島谷蒼太さん(18)、高橋真優さん(17)、堀越永遠さん(17)の5人。餌の違いによる成長の比較、超極小養豚農家の経営の可能性を考察するための収支計算などに手分けして取り組んでいる。

 同校産の食材を全校で味わう収穫祭では例年、校内で収穫したもち米と小豆を使って赤飯を炊き、白菜で漬物を作る。豚汁には農場で作った野菜を入れ、上農みそを使って味付けているが、メインの豚肉だけは、ずっと購入品だった。指導する境久雄教諭は「今まで動物科学コースとして何も食材を提供できなかったが、ようやく本来の農業高校の姿になる」と話した。

 同校によると、豚の飼育はおよそ30年ぶり。1988年4月の入学生から畜産科が生物工学科となり、2年後には畜産専門の教育がバイテク教育に完全に切り替わったため、以降、実習教材としての豚の飼育は行われてこなかった。

 飼育が途絶えたことで養豚技術はほぼ白紙だったといい、飼料会社の専門家を招いて餌の与え方を教わり、手探りで育ててきた。豚にストレスを与えないために「衛生面には苦労した」と小野沢さんら。境教諭は「5人だけできちんと飼育できる技術を身に付けた」と4カ月の頑張りを評価した。

関連記事

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備え...

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク