全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豆乳100%ヨーグルト完成 帯広農業高生が開発

完成した「豆ぐると」を手にする帯広農業高の生徒たち。左から2人目が田村班長

 帯広農業高校(二木浩志校長)の生徒が商品開発を進めていた豆乳ヨーグルトが完成した。豆乳100%で、ビートに含まれる天然オリゴ糖成分「ラフィノース」を配合した。味の改良を重ねた商品は「豆(まめ)ぐると」と名付け、生徒たちは「豆乳嫌いな人でもおいしく食べられる」と話している。

 商品開発は食品科学科地域資源活用班の2・3年生が担当。ヨーグルトをはじめ、商品名、パッケージデザインまで生徒が中心となって仕上げた。

 ヨーグルトはCGC(本社東京)の無調整豆乳を使用。乳製品を一切使用していないことから、乳アレルギーのある人でも食べられる。配合したラフィノースは腸内の善玉菌の餌になり、便通改善などの効果・効能が認められている。ビート1キロ当たり1グラムほどしか含まれていない貴重なオリゴ糖で、今回は日本甜菜製糖(同)が応援。ヨーグルトは1つ100グラムで、うち4グラムのラフィノースが入っている。

 28日にパッケージラベルの貼り付けやPR用のチラシ作りに取り組み、29日に帯広市内のビート資料館で販売した。

 10月7日の「食べる・たいせつフェスティバル」(会場・十勝農協連家畜共進会場アグリアリーナ)や、同12日の「あぐりす」(帯広農業高校)、同28日の「フードバレーとかちマラソン」にも出店する予定。また、帯広調理師専門学校とコラボしたスイーツも検討中だ。

 田村静香班長(3年)は「豆乳が好きじゃない私でも、豆乳感がなくておいしく食べられる。ヘルシーで美肌効果もあるので、ぜひ手に取って」と話している。1個100円。

関連記事

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

「復興のみそぱん」新発売 厚真町産のおふくろみそ使用-三星

 菓子製造販売の三星(本社苫小牧市)は5日から、胆振東部地震の復興支援の一環で厚真町産の「おふくろみそ」をパン生地に練り込んだ「厚真復興のみそぱん」(税込み160円)の販売を始めた。苫小牧市と登...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク