全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豆乳100%ヨーグルト完成 帯広農業高生が開発

完成した「豆ぐると」を手にする帯広農業高の生徒たち。左から2人目が田村班長

 帯広農業高校(二木浩志校長)の生徒が商品開発を進めていた豆乳ヨーグルトが完成した。豆乳100%で、ビートに含まれる天然オリゴ糖成分「ラフィノース」を配合した。味の改良を重ねた商品は「豆(まめ)ぐると」と名付け、生徒たちは「豆乳嫌いな人でもおいしく食べられる」と話している。

 商品開発は食品科学科地域資源活用班の2・3年生が担当。ヨーグルトをはじめ、商品名、パッケージデザインまで生徒が中心となって仕上げた。

 ヨーグルトはCGC(本社東京)の無調整豆乳を使用。乳製品を一切使用していないことから、乳アレルギーのある人でも食べられる。配合したラフィノースは腸内の善玉菌の餌になり、便通改善などの効果・効能が認められている。ビート1キロ当たり1グラムほどしか含まれていない貴重なオリゴ糖で、今回は日本甜菜製糖(同)が応援。ヨーグルトは1つ100グラムで、うち4グラムのラフィノースが入っている。

 28日にパッケージラベルの貼り付けやPR用のチラシ作りに取り組み、29日に帯広市内のビート資料館で販売した。

 10月7日の「食べる・たいせつフェスティバル」(会場・十勝農協連家畜共進会場アグリアリーナ)や、同12日の「あぐりす」(帯広農業高校)、同28日の「フードバレーとかちマラソン」にも出店する予定。また、帯広調理師専門学校とコラボしたスイーツも検討中だ。

 田村静香班長(3年)は「豆乳が好きじゃない私でも、豆乳感がなくておいしく食べられる。ヘルシーで美肌効果もあるので、ぜひ手に取って」と話している。1個100円。

関連記事

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

長野日報社

桑の葉パウダー発売 若葉を粉末にし利用容易に

長野県駒ケ根市の竜東農村公園振興協議会は、クワの若葉を乾燥、粉末にした「信州駒ケ根産まるごと桑の葉パウダー」を開発し、市内3カ所で販売を始めた。食用としてのクワの利用を促進する協議会初の商品化。血...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク