全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

水田があって建築魅力的に 世界的建築家の坂さん語る

 鶴岡市のサイエンスパークに完成した「ショウナイホテル スイデンテラス」と全天候型児童遊戯施設「キッズドーム ソライ」の設計を手掛けた、建築家の坂茂さんを迎えたトークイベントが28日夜、スイデンテラスで開かれた。坂さんは「水田が広がる景観が素晴らしく、水田があるからこそ建築が魅力的になる。そうした施設を造りたかった」と述べ、自身の設計では初めて実現したというホテルへの思いを語った。

 坂さんは木や紙を使った建築で知られ、2014年に建築界のノーベル賞といわれる米国プリツカー賞の受賞をはじめ、フランス芸術文化勲章受章など世界的に活躍。20年ほど前から災害支援にも取り組み、国内外で積極的に活動している。

 トークは「建築家×街づくり会社―愛される建物、そして、街のつくり方」をテーマに、両施設を整備したヤマガタデザインの山中大介社長との対談形式で行われ、約40人が参加した。

 坂さんは木造のスイデンテラスのデザインについて「水田におじゃまして造らせてもらう」との発想から、外部と接するところを増やすため低層の分棟タイプにし、渡り廊下で結ぶことで周囲の水田に目を向けられるようにしたと説明。完成後に初めて訪れ、「諦めが悪いんです。利用者の使い勝手や(建築の)プロの目が気になる。もっと良くするため、直していきたい。地域の人に愛着を持ってもらい、誇りに思ってもらえる建築にしていかないといけない」と語った。

 山中社長は、建築は一部の特定の人のものでなく、街や地域の人のためのものという坂さんの取り組みに共感して設計を依頼したとし、「坂さんが周りの水田を見て、『素晴らしい』と言った一言で、こちらからの説明は何も必要ないと確信した。木の素材と照明の関係性も素晴らしい施設になった。地元の人に心から面白い、楽しいと思ってもらえる、かっこいい空間にしていく」と応えていた。

スイデンテラスとソライのデザインなどをテーマにトークした山中社長(左端)と坂さん(左から2人目)

関連記事

荘内日報社

今秋「日本海沿岸ミステリーツアー」 JR鶴岡駅発着 日帰り2コース 羽越本線..

 特急いなほに乗って〝ミステリーツアー〟を楽しんで―。羽越本線全線開通100周年を記念し、鶴岡市は9月28日(土)と10月27日(日)に、出発当日まで行き先を明かさない「日本海沿岸ミステリーツアー」を実施する...

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク