全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

子供たち「ありがとう」 安平・あそびのひろば閉所式

感謝の気持ちを込めたメッセージボードを手渡す子供たち

 安平町は28日、道警や全国児童発達支援協議会(CDSJapan)北海道ブロックなど4団体と協力して実施してきた「親子のためのあそびのひろば」の閉所式を町しののめ交流館で行った。子供たちが一緒に遊んでくれた協力団体スタッフに感謝の気持ちを伝えた。

 同ひろばは胆振東部地震の影響後、十分に遊べない子供や子育ての悩みを抱えている保護者に、協力団体スタッフが接する場として13日から毎日開設してきた。乳幼児は手遊びなど、小学生以上はボール運動など体を使った遊びで楽しく過ごした。昼には軽食も提供し、1日の利用者数は平日で20人、土日祝日は200人に上った。

 閉所式で同町の種田直章教育長は協力団体に対し「子どもたちに寄り添ってもらえたことで、保護者を含めて安心できた」とあいさつ。保護者で追分旭地区の青田玲美さん(37)は「育児相談にも乗ってもらい、気持ちが落ち着いた」と話した。

 協力団体の道警本部少年課の岸乃里警部補(37)は「地震で不安顔だった子供たちの表情が遊びを通じて日に日に明るくなり、笑い声や歓声も上がるようになった」と振り返った。子どもたちはお礼に記念写真を添えたメッセージボードを岸警部補に手渡し、「遊んでくれてありがとう」と感謝の言葉を伝えた。

関連記事

荘内日報社

冬の朝日地域盛り上げ 雪ランタンまつりにぎわう

 鶴岡市熊出の日帰り温泉施設「かたくり温泉ぼんぼ」で16日、雪ランタンまつりが開かれた。大勢の来客でにぎわい、手作り雪灯籠やランタンに火をともして楽しんだ。  ぼんぼの管理運営組合(渡部嚴理事長)...

タンカン詰め放題も JAあまみ、春の特産品フェア

 JAあまみ(本所・鹿児島県龍郷町)が取り扱う旬の地場産青果物をそろえた「あまみ春の特産品フェア」が16、17の両日、鹿児島市のおいどん市場与次郎館であった。タンカン、バレイショなど奄美群島で栽...

紀伊民報社

ジビエで焼きそば 地元のシェフに教わる

 和歌山県田辺市の上芳養小学校で18日、野生動物の肉「ジビエ」を使った調理実習があった。6年生15人が地元に住むフランス料理シェフの更井亮介さん(29)に教わり、地元で捕れたイノシシの肉で焼きそ...

水しぶきの「雨水」 帯広はプラス

 降雪が雨に変わり、雪解けが始まるころとされる二十四節気の「雨水」の19日、十勝地方は暖気が入り、気温は平年より高く推移した。帯広の正午の気温は、平年より2.8度高い0.7度。道路には大きな水た...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク