全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

名物うなぎで「ラーメン」 岡谷市内の高校生同盟が提案

岡谷名物のうなぎを取り入れたラーメンを試食する高校生たち

 岡谷市内の岡谷東、岡谷南、岡谷工業の3高校生徒による会議「Voice of AOHS(高校生同盟)」が28日、まちの魅力をアピールする「ご当地ラーメン」の商品化に向けて、提案の一つ「うなぎラーメン」を試食した。地元企業の協力で、岡谷名物のうなぎを取り入れたスープやトッピングの味を確かめた。

 若者の視点でアイデアを出し合い、まちづくりに反映していくプロジェクトの一環。これまでの会議で生徒たちが考案したうなぎラーメンを食べてもらおうと、ラーメンチェーン店を展開するテンホウ・フーズ(諏訪市)とうなぎ料理店の観光荘(岡谷市)が協力した。

 この日は、2、3年生計16人が市内のテンホウ岡谷南宮店を訪れた。試作のラーメンはしょうゆ味で、うなぎの頭を煮出しただし汁入りのスープが特徴。生徒たちは、うなぎのかば焼きや頭の空揚げ、骨せんべいをトッピングして味わった。

 岡谷東高2年の大輪友音さん(16)は「うなぎの苦みがもう少しあった方がインパクトがある。他にはない面白いラーメンが作れそう」と笑顔。テンホウ・フーズの大石壮太郎社長は「皆さんのイメージが膨らむよう手助けができれば」と話していた。

 次回は10月に開く予定。ラーメンの具材や宣伝方法を考え、年内の完成を目指すという。

関連記事

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

「復興のみそぱん」新発売 厚真町産のおふくろみそ使用-三星

 菓子製造販売の三星(本社苫小牧市)は5日から、胆振東部地震の復興支援の一環で厚真町産の「おふくろみそ」をパン生地に練り込んだ「厚真復興のみそぱん」(税込み160円)の販売を始めた。苫小牧市と登...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク