全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

貴重な奇術道具が帯広に プロ団体から寄贈

マジックミュージアムに寄贈された平岩氏の作品。右から2人目が花島会長、同3人目は坂本館長

 プロマジシャンでつくる日本奇術協会(東京)の花島皆子会長は27日、帯広市内にある日本唯一のマジック専門博物館「マジック・ミュージアム」(西2南9・坂本ビル3階、坂本和昭館長)を訪れ、アマチュアマジシャンの故・平岩白風氏の貴重な手作りマジック道具を寄贈した。

 2005年に死去した平岩氏は、日本の伝統奇術「手妻(てづま)」研究の第一人者。創作マジックの名手で、独自の道具を多数製作した。

 平岩氏の死後、遺族は約2万点の道具を協会に寄贈。協会は有効活用するため、希望する愛好家に提供していた。手妻の保存に力を入れる協会は「多くの人に見てもらうには最もふさわしい場所」として、厳選した作品約30点をミュージアムに寄贈した。

 寄贈したのは木製のカードマジック道具や指用ギロチンなど、昭和30~40年代に作られた味わい深い作品。「ガックリ式飛行箱」「ジグザグ牛乳」と書かれた木箱や牛乳瓶もあるが、説明書はなく、「どのように使うのか、皆で考えるのも楽しみの1つ」(協会)という。

 協会会員3人とともに、初めてミュージアムを訪れた花島会長(71)は「想像以上に素晴らしい。多くの人に見てもらい、マジシャンを目指す人が増えてほしい」と話した。

 平岩氏の著書を読み、マジック道具を自作したこともある坂本館長(60)は「プロの団体から寄贈を受けたのは名誉なこと。1点物のコレクションが加わり、ミュージアムの価値が高まる」と喜ぶ。平岩氏の著書で使い方を研究し、10月中にも特設コーナーを設置する予定。

 ミュージアムは4万7000点以上のマジック道具や関連書籍などを展示・収蔵している。完全予約制で、入場料は小学生以上500円。問い合わせはミュージアム(0155・22・0132)へ。

<手妻>「手を稲妻のように、素早く動かすこと」が、語源。白い半紙を破って作った蝶が、扇子の風で空中を舞う「胡蝶の舞」、水芸などがある。「和妻」と呼ばれることもある。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク