全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

高遠藩主が食べた味 御本陣御用書控を基に再現

本陣に残されていた「御本陣御用書控」から再現した江戸時代に藩主が食した料理

 伊那市高遠町の農家レストラン「こかげ」を運営するJA上伊那生活部会こかげ班は27日、同市高遠町藤沢の御堂垣外宿本陣に残されていた「御本陣御用書控」を基に、高遠藩主などが食べた江戸時代の献立を再現した。将来的に城下町高遠ならではの料理としてこかげで提供し、地域活性化につなげたい考えだ。

 御堂垣外地区は国道152号沿いにあり、江戸時代には高遠から杖突峠を経て、諏訪や茅野の金沢へ抜ける宿場として栄えた。高遠藩主や飯田藩主が参勤交代で江戸へ向かう際に宿泊した本陣が今も残る。

 本陣には藩主らが宿泊した際の食事の献立表が多数残されており、今回は1845(弘化2)年の秋に、高遠藩主が宿泊した際の献立を再現した。献立表は朝、昼、夕食分があり、この中から13品を調理。大根が入った汁物やブリの照り焼き、ナスのぬた和え、諏訪エビ(テナガエビ)の乾煎りなどを作り、膳にしつらえた。味付けも当時はなかった本じょうゆの代わりにたまりじょうゆや煎り酒を使うなど”江戸時代の味”にこだわった。

 調理したこかげ代表の藤澤宗子さん(69)は「献立の中にブリやマグロ、サバがあり藩主をもてなそうとした本陣の人たちの苦労がうかがえる。忘れ去られてしまうかもしれない献立を再現し、地域活性化につなげたい」と話している。

関連記事

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...

荘内日報社

「つるおかぼんちゃ」収穫始まる

 鶴岡の7月盆に食べられる茶豆(枝豆)の超極早生品種「つるおかぼんちゃ」の収穫が7日から同市内の枝豆産地で始まった。例年より5日、昨年より1週間ほど早い。生産者グループは「5月の高温と乾燥などの影響を受...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク