全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

11月に豊川市が地域包括ケア情報展&えがおフェス

 豊川市は、11月11日(日)に市中心部の諏訪地区を舞台に「地域包括ケア情報展」と「えがおフェス」を初開催する。体験型イベントを近距離の会場で同日開催することで、福祉や介護、協働について意識を高める機会にする。  「地域包括ケア情報展」は午前9時45分から午後5時半まで、豊川市総合体育館で開催。「見る、聴く、触れる、体験する」をテーマに、在宅医療や介護情報、医療・介護現場での働き方などが学べる。午前10時半からは終活講座として、日本エンディングサポート協会の佐々木悦子理事長が人生の最期を迎えるための終活について語る。

 午後は高齢者の入所施設の選び方を学ぶ老活講座や、認知症に詳しいSPSラボ若年認知症サポートセンターきずなやの若野達也代表による基調講演、地域包括ケアについて考えるパネルディスカッションも予定されている。  会場では子どもが医者や看護師、薬剤師になれる体験コーナーや、車いすバスケの競技用車いすの操作体験や最新型車いすの展示・試乗、あいおいニッセイ同和損保の入棺体験や生前遺影撮影などが設けられる。  また、「えがおフェス」は午後1時から4時まで体育館南側にあるプリオ4階で開催。穂の国まちづくりネットワークとの共催で、市内のボランティア団体や協働企業が出展し、体験コーナーやお化け屋敷、ステージ企画などを計画する。  いずれも入場無料。問い合わせは、情報展は福祉部介護高齢課(0533・89・3179)、えがおフェスはとよかわボランティア・市民活動センター(0533・89・9070)へ。

関連記事

昔ながらの遊びなど体験 青少年の家まつり

 スポーツや昔ながらの多彩な遊びが体験できる「青少年の家まつり&遊びリンピック」(県立石垣青少年の家、県教育委員会主催)が17日、青少年の家で開かれ、家族連れを中心に730人(主催者発表)がイベン...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

紀伊民報社

福祉に関心を ふれあい文化祭

 和歌山県田辺市文里2丁目のガーデンホテルハナヨアリーナで16日、第25回ふれあい文化祭(実行委員会主催)が始まった。舞台発表や飲食物の販売などがあり、多くの人でにぎわっている。17日まで。  ...

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク