全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加工場へとイモの大河 でんぷん製造本格化 中札内

次々とでんぷん工場に運び込まれる原料用ジャガイモ

 十勝中部・南部の7JAでつくる南十勝農産加工農協連(南工連)で、原料用ジャガイモをでんぷんに加工する作業が本格化している。1日1700トン前後のジャガイモがトラックで運び込まれ、工場内で精製・乾燥したものを袋詰めにして出荷する。

 南工連のでんぷん工場では9月5日からジャガイモの受け入れと加工を開始。だが直後の胆振東部地震で停電し、操業を一時中断した。約2日後に電力が戻り、11日から再稼働した。

 その後の操業は順調で、27日も多くのトラックが搬入口で荷台を傾け、満載したジャガイモを下ろした。今年の受け入れ数量はほぼ平年並みの10万1000トン。11月中旬に完了する。

 今年は6~7月に天候不順が続き、ジャガイモの品質が心配される。ただ南工連の佐藤真章参事は「でんぷん含量を示すライマン価は今のところ、昨年には及ばないものの平年よりは高い」と話す。

関連記事

帯広の森50年 後世へ シンボルツリーを植樹

 「帯広の森」の造成開始から50周年を迎え、記念植樹と森づくりの集いが19日、市内の帯広の森で行われた。市民ら約100人が見守る中、米沢則寿市長や歴代市長らは新たなシンボルツリーとなるハルニレ...

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク