全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

加工場へとイモの大河 でんぷん製造本格化 中札内

次々とでんぷん工場に運び込まれる原料用ジャガイモ

 十勝中部・南部の7JAでつくる南十勝農産加工農協連(南工連)で、原料用ジャガイモをでんぷんに加工する作業が本格化している。1日1700トン前後のジャガイモがトラックで運び込まれ、工場内で精製・乾燥したものを袋詰めにして出荷する。

 南工連のでんぷん工場では9月5日からジャガイモの受け入れと加工を開始。だが直後の胆振東部地震で停電し、操業を一時中断した。約2日後に電力が戻り、11日から再稼働した。

 その後の操業は順調で、27日も多くのトラックが搬入口で荷台を傾け、満載したジャガイモを下ろした。今年の受け入れ数量はほぼ平年並みの10万1000トン。11月中旬に完了する。

 今年は6~7月に天候不順が続き、ジャガイモの品質が心配される。ただ南工連の佐藤真章参事は「でんぷん含量を示すライマン価は今のところ、昨年には及ばないものの平年よりは高い」と話す。

関連記事

紀伊民報社

「川の参詣道」に新たな舟

 「川の参詣道」として世界遺産に登録されている熊野川を下る川舟が新たに製作され、24日に進水式があった。これまで使ってきた舟が老朽化する中、川舟を運航する新宮市の一般財団法人「熊野川町ふれあい公...

荘内日報社

五穀豊穣願い手植え 献饌田で「御田植祭」

 鶴岡市の出羽三山神社に奉納する米の「御田植祭」が24日、同市羽黒町玉川にある大鳥居そばの献饌田(けんせんでん)で行われた。同神社の巫女(みこ)や山伏が五穀豊穣(ほうじょう)を願い、田植えを行った。 ...

宇部日報社

初めてのまちなかフラワーフェスタ&緑化祭始まる

 第1回まちなかフラワーフェスタ&緑化祭が25日、宇部新天町名店街で始まり、花と緑で飾られたアーケード内は多くの人でにぎわっている。宇部新天町名店街協同組合(熊谷満之理事長)主催。市、宇部小野田...

ナタネと小麦 くっきり 帯広市拓成町 伊澤農場

 十勝管内のナタネ畑で花がほぼ満開となっている。黄色い花と、青々と伸びる小麦のコントラストが美しい景色をつくりだしている。  帯広市拓成町の「earth canvas 伊澤農場」(伊澤学代表...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク